- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

緊張型頭痛
受診する科
内科 / 神経内科 / 脳神経外科
基本情報
症状や特徴
肩や首筋のこりをともない、こめかみから次第に頭痛が始まり後頭部が重く、締め付けられるような鈍い痛みがある。

夕方になると痛みは強くなり、症状が数週間にわたって毎日続く。

原因
睡眠不足や精神的ストレス、結婚・就職などの生活環境の変化などが誘因となって、肩や首筋の筋肉が緊張・収縮しておこる。

主な治療法
アスピリンなどの消炎鎮痛薬を服用。

軽い運動、マッサージ、シャワーを浴びるなどリラックスすることも大事。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
慢性緊張性頭痛、挿間性緊張性頭痛、筋収縮性頭痛
この病気に関連する症状
頭が痛い、頭痛を繰り返す、激しい頭痛がある、後頭部が痛い、頭が重い、肩がこる