- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

群発頭痛
受診する科
内科 / 神経内科 / 脳神経外科
基本情報
症状や特徴
春先や秋口などの季節の変わり目などに頭痛が始まり、2週間から2ヶ月程度毎日続く。

症状がある日ぴたっとやんだあとに、しばらく時間をおいてぶり返す。

前頭部から側頭部にかけて目がえぐられるような痛みがあり、夜間や早朝に痛みで目が覚めることもある。

鼻水や鼻づまり、目の充血、涙、顔面の紅潮をともなうこともある。

原因
脳の血管の拡張によって刺激された神経の炎症が原因とされる。

誘因としては、精神的ストレスや過労、飲酒などがあげられる。

男性の発症が多いとされ、ヘビースモーカーや飲酒者によくみられる。

主な治療法
鎮痛薬では効果がないため、片頭痛と同様にトリプタン系製剤を注射する。

頭痛があるときは、禁酒、禁煙を厳守。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
慢性群発頭痛、群発性頭痛
この病気に関連する症状
目の奥が痛い、目が充血する、鼻がつまる、鼻水がでる、頭痛を繰り返す、激しい頭痛がある、目が痛い、目が激しく痛い... 続き(あと2症状)