- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

老視
受診する科
眼科
基本情報
症状や特徴
老眼ともよばれ、40歳以上の男女に起こり加齢とともに進行する。

目から30cm以内の近くのものをみると、焦点が合わずぼやけて見える。

若い頃に視力のよかった人のほうが、早期に老眼が進行する傾向がある。

放置していると、頭痛、目や頭が重い、肩こり、吐き気などの症状が現れることがある。

原因
加齢によって目の水晶体の調整力が低下することで起こる。

近くを見ようとするとき、通常は毛様体筋が神経の命令を受けて水晶体を厚くするが、この機能は20歳代のころから次第に低下していく。

この機能低下が日常生活に支障をきたすまでに進行するのが40歳代であるといわれる。

主な治療法
老眼は老化現象のひとつであり、治療は行わない。

近用めがね(老眼鏡)や遠近両用めがね、遠近両用コンタクトレンズで対処する。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
老視、調節衰弱
この病気に関連する症状
視力が低下する、近くのものが見えにくい、頭が痛い、目が重く感じる、頭が重い、肩がこる