- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

耳管狭窄症
受診する科
耳鼻咽喉科
基本情報
症状や特徴
耳が詰まる感じがしたり自分の声が響いたりする。

軽い難聴滲出性中耳炎になることもある。

かぜや鼻炎、副鼻腔炎上咽頭がんなどがあるときに起こりやすくなる。

こどもでは、咽頭扁桃肥大症や口蓋裂があるとかかりやすい。

原因
鼓膜の内側(内耳腔)と外耳側の気圧を同じにするはたらきが悪くなることで、中耳側の気圧が下がり、鼓膜が奥に引き込まれることで起こる。

主な治療法
原因となっている炎症をまず治し、通気療法で中耳腔に空気を送り込む。

こどもは耳管がやわらかいため、鼻すすりでも耳管がふさがるので、鼻すすりの癖をつけないようにする。

かぜが治まらないうちは飛行機に乗らないことなどで予防できる。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
耳管圧迫、耳管狭窄症、耳管閉塞症
この病気に関連する症状
耳がつまる、耳が聞こえにくい