- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

肝硬変
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器外科 / 消化器科
基本情報
症状や特徴
なんらかの理由で肝臓に障害が起こり、肝細胞が壊されて肝臓の機能が果たせなくなっていく。

初期段階でだるさを感じる人もいるが、ほとんどは自覚症状がない。

病気がさらに進行すると、黄疸クモ状血管腫(肩や胸、二の腕にクモ状にできる赤い斑紋)、女性化乳房(男性特有)などの症状がおこる。

その他の症状として、腹水や肝性脳症(うわごと、意識障害、興奮、錯乱、異常行動など)が現れることがある。

肝硬変になると高い頻度で肝がんが発生する。


【関連する健診項目】

AST(GOT)、HbA1c、空腹時血糖


生活習慣病リスクを100万人データでかんたん分析!

分析サンプル

原因
C型肝炎からおこる肝硬変が全体の75%を占める。

それ以外には、B型急性肝炎アルコール性肝障害から肝硬変になることが多い。

検査
【血液検査】

【画像検査】
 ・超音波検査、CT検査。

【肝生検】

主な治療法
C型肝炎による肝硬変はインターフェロン療法で肝がんへの進展を防ぐ。

食道静脈瘤、腹水、肝性脳症などの合併症に対しては、それぞれの対処療法を行う。

生活習慣の改善として、飲酒の禁止および糖代謝やアミノ酸代謝を円滑にするための適度な運動を行うほか、腹水のある人は塩分を1日に5から6gに制限する。

肝性脳症がおこっているときは、たんぱく質を1日に40gから50gに制限する。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
肝硬化症、シャルコー肝硬変、トッド肝硬変、単葉性肝硬変、原発性胆汁性肝硬変、無症候性原発性胆汁性肝硬変... 続き(あと24病気)
この病気に関連する症状
意識がはっきりしない、褐色の尿がでる、下半身がむくむ、だるい・疲労・倦怠感がある、胸に赤い斑点ができる... 続き(あと11症状)