- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

肝膿瘍
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器外科 / 消化器科
基本情報
症状や特徴
肝臓の中に膿がたまる病気で、細菌が原因の化膿性肝膿瘍と、赤痢アメーバ原虫が原因のアメーバ性肝膿瘍があり、日本では90%が化膿性肝膿瘍である。化膿性肝膿瘍では、40℃に近い発熱や悪寒、右上腹部痛、黄疸、肝臓の腫れ、倦怠感、食欲不振、体重減少、貧血などがみられ、横隔膜近くにできる肝膿瘍は、胸痛や呼吸困難を引き起こす。進行すると、ショックや敗血症、多臓器不全を起こし、命の危険にかかわることもある。アメーバ性肝膿瘍の症状はおおむね化膿性肝膿瘍と同じだが、横隔膜を介して膿瘍が広がっている場合は、胸痛や咳がみられることに加え、下痢、血便がみられることがある。
原因
細菌、真菌、寄生虫による感染で引き起こされる。化膿性膿瘍は、胆石症や膵・胆道のがん、虫垂炎大腸憩室症にともなうものや、敗血症に続いて起こるものなどがある。 アメーバ性肝膿瘍は、大腸内の赤痢アメーバ原虫が肝臓に運ばれて起こる。熱帯の感染地域での飲食による感染や性行為を通じての感染が多い。
主な治療法
抗菌薬、抗原虫薬を服用する。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
化膿性肝膿瘍、多発性肝膿瘍、細菌性肝膿瘍、肝周囲膿瘍、肝膿瘍、胆管炎性肝膿瘍、門脈炎性肝膿瘍、アメーバ性肝膿瘍... 続き(あと1病気)
この病気に関連する症状
体重が減る・やせる、寒気がする、右わき腹が痛い、貧血になる、胸が痛い、黄疸(目や皮膚、顔色が黄色くなる)が見られる... 続き(あと7症状)