- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

肺塞栓症
受診する科
内科 / 呼吸器科
基本情報
症状や特徴
突然の呼吸困難、胸の痛み、過呼吸が起こり、不安感やショックなどを伴うことがある。

ほかに動作時の息切れや咳、血痰などもみられるが、まったく症状がないまま進行するケースもある。

心臓病などでも同じような症状がみられるため、鑑別診断が必要。

原因
静脈でできた血栓が静脈を通って肺にたどり着き、肺動脈で詰まって血流が途絶えるなどの循環器障害を引き起こす。

脂肪や腫瘍、空気などが原因となることもある。

骨盤部や脚にできる血栓が原因の多くを占め、安静にしていても血栓ができた後に歩いたり、からだを動かすことで血栓が血流にのって肺に運ばれるて起こる。

寝たきりや手術後などで長期間ベッドに寝ていなければならない人や、肥満、妊産婦、経口避妊薬を使用している人などは血栓ができやすくなる。

主な治療法
薬物療法として、ヘパリン、ワルファリンカリウムなどの血液の抗凝固薬により、血栓をできにくくする抗凝固療法が行われるが、ほかの薬との飲み合わせや食事に注意する必要がある。

閉塞している範囲が広い場合などは、できた血栓を溶かす血栓溶解療法が行われることもある。

また、酸素吸入が行われたり、利尿薬が使用されたりする。

また、血栓や塞栓が大きい場合や、内科的な治療で効果がみられない場合などは、肺動脈血栓摘除術の手術が行われる。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
急性肺性心、慢性肺血栓塞栓症、特発性慢性肺血栓塞栓症、肺動脈血栓塞栓症、肺動脈血栓症、肺塞栓症、肺梗塞... 続き(あと2病気)
この病気に関連する症状
咳がでる、呼吸困難になる、突然呼吸困難になる、息切れする、胸が痛い、突然胸が痛い、痰がでる、血痰がでる