- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

胃下垂
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器科 / 胃腸科
基本情報
症状や特徴
胃が下がり、上腹部はへこんでいるのに、臍の周辺が膨らんでいる状態。

ひどいと胃が骨盤の位置まで下がることもある。

胃の蠕動(ぜんどう)運動が弱まり、胃の内容物を十二指腸に送る力が弱くなるので、食後の胃もたれ、げっぷ、吐き気、食欲不振、腰痛、肌荒れなどがみられる。

また、弱った消化力を助けようと、胃酸が過剰に分泌されるため、胃炎などを起こすこともある。

原因
やせているため、腹壁の筋肉や脂肪が少なく、腹部の圧力が低下するために起こるといわれている。

精神的ストレスによる自律神経失調との関連も疑われている。

主な治療法
治療の必要はなく、一回の食事量を減らして胃の負担を軽くすることや腹筋や背筋を鍛えることが大切である。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
胃下垂
この病気に関連する症状
胃がもたれる、お腹がふくらむ、腰が痛い、げっぷがでる、食欲がない、吐き気がする