- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

胃潰瘍
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器外科 / 消化器科 / 胃腸科
基本情報
症状や特徴
胃液に含まれる胃酸や消化酵素により、胃の粘膜が溶け、粘膜から筋層にかけて穴があくもの。

40から50歳代に多くみられる。

空腹時だけでなく、食後に腹痛や胃痛がある。

他の症状としては、げっぷ、胸焼け、食欲不振、吐き気、嘔吐、タール便、貧血などがある。

原因
ピロリ菌による感染。

鎮痛薬の長期服用や非ステロイド系抗炎症薬、ステロイド薬、抗がん剤、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)治療薬の影響。

検査
【精密検査】
 ・胃内視鏡検査(胃カメラ)。

 ・胃X線造影検査(胃レントゲン)。

主な治療法
薬物療法としては、ピロリ菌の除菌がある。

上記に加えて、胃酸やペプシンの、消化力を抑える薬や分泌を抑える薬、胃の粘膜を守る薬などを服用する。

生活習慣では、次のことに注意する。

1日3回決まった時間に食事をとり、胃が長時間空の状態になるのを避ける。

ナッツなどの固いものやタケノコ、イモ類などの食物繊維の多いもの、タコ、イカなどの消化の悪いものを避ける。

コーヒー、アルコール、炭酸飲料、たばこなどの刺激物をさける。

熱すぎたり冷たすぎる食事を避ける。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
急性出血性胃潰瘍、急性胃潰瘍穿孔、急性出血性胃潰瘍穿孔、急性胃潰瘍、ステロイド潰瘍、出血性胃潰瘍、ステロイド潰瘍穿孔... 続き(あと11病気)
この病気に関連する症状
げっぷがでる、お腹が痛い、食後にお腹が痛い、胃が痛い、食後に胃が痛い、胸焼けがある、貧血になる、下血(黒いタールのような便がでる)がある... 続き(あと4症状)