- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

胸部大動脈瘤
受診する科
循環器内科 / 心臓血管外科
基本情報
症状や特徴
横隔膜よりも上、胸部の大動脈にできる動脈瘤で、できる部位によって、上行、弓部、下行、胸腹部に分かれる。

初めは自覚症状もないが、進行すると大きくなった動脈瘤で気道や食道が圧迫され、咳や呼吸困難、嚥下障害が起こり、首の静脈が浮き上がったり、声がかれたりする。

上行大動脈瘤では、大動脈弁がうまく機能しないことで血流が逆流を起こし、呼吸困難や息切れなどの左心不全症状や、胸痛が起こることもある。

胸背部の痛みが続く場合は、動脈瘤の破裂の前兆と考えられる。

破裂すると激しい痛みが起こり、心臓や胸腔内に血がたまって、喀血を起こし、重度のショック状態となり、命にかかわる。

原因
動脈硬化によるものがほとんどで、動脈硬化が進むと、血管壁の弱い部分が膨らんで動脈瘤となる。

それ以外では、梅毒、炎症によるもの、先天的に血管壁の中膜が変性している場合、外傷によるものがある。

検査
CT、MRT、造影剤、胸部X線撮影
主な治療法
こぶが5㎝以上の大きさになると破裂の可能性が高いため、動脈瘤を切除して人工血管に置き換える手術を行う。

手術にはバネ付きの人工血管をカテーテルによって大動脈瘤内およびその前後の大動脈内で拡張させ、こぶ自体に血液が流入しないようにする方法がある。

大動脈弁閉鎖不全症を合併した上行大動脈瘤の手術には人工弁を内蔵した人工血管を用い、弓部大動脈瘤には側枝付き弓部人工血管を使用する。

なお、手術中は大動脈瘤への血行を止めなければならないため、人工心肺を用いる。

こぶの大きさが5㎝以下の場合は、降圧薬を使う内科的治療を行う場合もある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
破裂性胸部大動脈瘤、胸部大動脈瘤破裂、上行大動脈拡張、上行胸部大動脈瘤、下行胸部大動脈瘤、弓部大動脈瘤... 続き(あと4病気)
この病気に関連する症状
呼吸困難になる、声がかれる、ものが飲み込みにくい、息切れする、胸が痛い、背中が痛い、首の血管が浮き上がる... 続き(あと2症状)