- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

脂質異常症
受診する科
内科 / 内分泌内科
基本情報
症状や特徴
自覚症状はまったくなく、血液検査で調べるほかはないが、治療せずに放置すると動脈硬化が進み、ある日突然、脳卒中心筋梗塞などの心臓病を発症する。

遺伝性の場合は、皮膚や手足の関節、アキレス腱などにこぶ状の脂肪のかたまり(黄色腫)ができることがある。

増えすぎると動脈硬化につながるLDLコレステロールの量が多い「LDLコレステロール血症」、同じく増えすぎると動脈硬化の危険性が高まる中性脂肪が多い「高トリグリセリド血症」、余分なコレステロールを回収するHDLコレステロールが少ない「低HDLコレステロール血症」に分類され、これらを総称して脂質異常症という。


【関連する健診項目】

肥満、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪


生活習慣病リスクを100万人データでかんたん分析!

分析サンプル

原因
食べ過ぎによるエネルギーの過剰摂取が原因となる。

とくに肉の脂身やバターなどの動物性脂肪のとり過ぎは、コレステロールや中性脂肪を増やす原因となる。

高血圧や糖尿病など別の病気が原因となる場合もある。

このほかに、家族性高コレステロール血症は、遺伝的要素が原因となる。

検査
【血液検査】
 ・高LDLコレステロール血症:LDLコレステロール値 140mg/dL 以上。
 ・低HDLコレステロール血症:HDLコレステロール値 40mg/dL 以下。
 ・高トリグリセリド血症:中性脂肪150mg/dL 以上。

主な治療法
食事療法と運動療法が基本となり、別の病気が原因となっている場合はその病気の治療を優先する。

食事では、肉の脂身やバター、生クリームなどの動物性脂肪を控え、HDLコレステロールを増やすイワシ、サンマなどの青背の魚や植物油を積極的にとるようにする。

適度な運動は、HDLコレステロールを増やして、LDLコレステロールや中性脂肪を減らす効果がある。

食事や運動の効果がない場合は、コレステロールや中性脂肪を減らす薬物療法を行う。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
家族性高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症・ヘテロ接合体、家族性高コレステロール血症・ホモ接合体... 続き(あと32病気)
この病気に関連する症状
検査で中性脂肪が高い