- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

脊椎分離症
受診する科
整形外科
基本情報
症状や特徴
過度な運動を長期間続けている場合などに、運動中に腰部に激痛が起こり、後ろに反って腰を伸ばすような姿勢をとると痛みがとくに強くなる。

原因
腰の上関節突起と下関節突起の間が疲労骨折しておこる。

検査
 ・レントゲン。

 ・MRI。

 ・CT。

主な治療法
子どもの場合は、スポーツ活動を中止して体幹ギプスを装着して骨を融合させる。

大人の場合は、腰に負担がかかる動作や運動をさけ、消炎鎮痛薬や筋弛緩(きんしかん)薬、神経賦活(しんけいふかつ)薬、抹消循環改善薬などを使用する。

症状が改善されずに生活に支障をきたす場合には、手術による分離部の固定を検討する。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
脊椎分離症、腰椎分離症、頚椎分離症
この病気に関連する症状
腰が痛い、腰が鈍く痛い、慢性的に腰が痛い、腰が激しく痛い、腰が重く感じる