- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

脳梗塞
受診する科
神経内科 / 脳神経外科
基本情報
症状や特徴
脳の血管が詰まっておこるが、動脈硬化により血管が詰まる「脳血栓症(のうけっせんしょう)」と心臓などでできた血栓が運ばれて脳の血管をふさぐ「脳塞栓症(のうそくせんしょう)」がある。

舌が麻痺してろれつが回らなくなる、からだの片側の手足に麻痺・感覚の低下・しびれがおこる、などの症状が現れる。

また、一過性脳虚血発作(TIA)(いっかせいのうきょけつほっさ)という前兆をともなうことがあり、その場合は、手足のしびれや舌のもつれ、目が見えにくくなるという症状が数時間から1日程度おこる。

一過性脳虚血発作(TIA)を放置しておくと2割から3割の人は数年内に脳梗塞を発症するとされる。

軽い脳梗塞では詰まった血栓が自然に溶けて流れるが、数日後に、この弱った動脈から血液が染みだして脳梗塞が悪化することもあり、注意が必要。

原因
高血圧、脂質異常症糖尿病などによる動脈硬化や、心疾患により心臓などでできた血栓が脳に運ばれることにより、脳の血管が詰まることでおこる。

検査
 ・CT、MRIによる検査。

主な治療法
すぐに119番で救急車を要請。

意識がもうろうとして嘔吐を繰り返しているときは、汚物で窒息しないように横向きにし、口の中の汚物を除き、衣服を緩めて寝かせる。

意識がなくあえぐような呼吸をしているときは、顎(あご)が天井を向くように頭を反らせて気道を確保。

【薬物療法】
発症後3時間以内であれば、t-PAという薬で血栓を溶かして血流を再開させることで脳への障害を軽減させることが可能。

ただし、この療法は「脳卒中専門病院」に限られる。

発症から3時間超の場合は、血流を再開しても「脳出血」を起こす危険があるため、血液の凝固を防ぐ抗凝固薬や抗血小板薬を使用したり、脳のむくみを除く抗浮腫薬や脳保護薬を使用する。

後遺症を少なく抑えるために、治療の早い段階からリハビリテーションを行う。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
セスタン-シュネ症候群、脳外主幹動脈血栓症脳梗塞、脳外主幹動脈塞栓症脳梗塞、脳外主幹動脈閉塞脳梗塞、アテローム血栓性脳梗塞... 続き(あと44病気)
この病気に関連する症状
からだの一部がしびれる、からだの一部が麻痺する、からだの片側が麻痺する、顔がしびれる、顔が麻痺する、顔の片側が麻痺する... 続き(あと13症状)