- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

腰部脊柱管狭窄症
受診する科
整形外科
基本情報
症状や特徴
加齢や長年にわたる労働の影響でおこる、高齢者に多くみられる腰痛で間欠性跛行(はこう)をともなう。

間欠性跛行は、歩き始めはとくに症状が強くなく、しばらく歩くと脚が痛くなったり、しびれたりして歩けなくなるが、しゃがんだり座って休むと症状がすぐになくなる状態をいう。

同様の症状は閉塞性(へいそくせい)動脈硬化症でも現れるため注意が必要だが、腰部脊柱管狭窄症は、立っているだけで症状がでたり、手押し車の使用で症状が出にくくなる特徴がある。

原因
腰椎(ようつい)内部の神経の通路である脊柱管が、主に加齢によって狭くなることにより、神経組織が圧迫されておこる。

立つと構造上、脊柱管がいっそう狭くって神経を圧迫するが、前かがみになると脊柱管が少し広くなり、神経圧迫がなくなって症状が消える。

検査
 ・レントゲン。

 ・MRI。

 ・CT。

主な治療法
背骨を後ろに反らすと症状が悪化するため、コルセットをつける。

歩行時に、手押し車や杖を使用することで、負担を軽くする。

超音波を使ったりする温熱療法のほか、消炎鎮痛薬や筋弛緩(きんしかん)薬、抹消循環改善薬、向神経ビタミン剤を使用する。

重症で麻痺が現れた場合などは、脊柱管を広げる手術を行う。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
腰部脊柱管狭窄症
この病気に関連する症状
腰が痛い、からだの一部がしびれる、足がしびれる、足の力が入らない、足が痛い、便がでにくい、尿がでにくい