- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

腸閉塞(イレウス)
受診する科
内科 / 外科 / 消化器内科 / 消化器外科 / 消化器科 / 胃腸科
基本情報
症状や特徴
さまざまな原因で腸管が閉塞し、食物や消化液、ガスなどが通過しなく症状。腸管が閉塞すると、腸がねじれたり、拡張したりするので、差し込むような強い腹痛、吐き気、嘔吐が起こり、排便や排ガスができなくなり、腹鳴がみられる。腸の内容物の通過障害のみが起こるものを閉塞性(単純性)腸閉塞、血行障害をともなうものを絞扼性(複雑性)腸閉塞といい、絞扼性腸閉塞では、頻脈や発熱、尿量の減少などもみられる。
原因
がんや異物で腸管がふさがり、腸管の癒着でヘルニアなどが起こることを機械的閉塞といい、腸閉塞の原因の90%を占める。麻痺性腸閉塞、痙攣性腸閉塞などが原因で腸閉塞が起こるものは機能的閉塞という。
主な治療法
飲食を絶ち、イレウス管(吸入チューブ)を挿入、腸管の内容物を吸入する。改善されないときや、絞扼性腸閉塞の場合は手術を行う。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
大腸麻痺、小腸麻痺、痙性イレウス、腸麻痺、麻痺性イレウス、癒着性イレウス、絞扼性癒着性腸閉塞症、上行結腸狭窄症... 続き(あと19病気)
この病気に関連する症状
便がでにくい、尿がでにくい、尿量が減る、脈が速くなる、お腹に不快感がある、吐き気がする、発熱がある、お腹が激しく痛い... 続き(あと1症状)