- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

腸間膜動脈閉塞症
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器外科 / 消化器科 / 胃腸科
基本情報
症状や特徴
小腸の大部分と大腸の一部に栄養や酸素を送る腸間膜動脈が詰まってしまう病気で、発症すると激しい腹痛が起こる。数時間で腸の血流が著しく低下するため腹膜炎を併発し、腸が麻痺してくると、腸管内部の内容物が停滞して腸閉塞の症状を示す。嘔吐や血便、冷や汗が見られ、腸の内容物が水分を吸収するため、脱水症状もみられる。頻脈や呼吸困難をともなうショック症状が現れるようになると命を落とすこともあり、早急の受診が必要である。
原因
心臓の不整脈により心房に血のかたまりができ、それがはがれて血管を流れ、腸間膜動脈に詰まって塞栓を起こす場合がある。ほかには、腸間膜動脈にコレステロールなどが付着し、動脈が狭くなったために血管壁が崩れ、詰まってしまう場合もある。
主な治療法
腸に壊死を起こすと小腸の切除が必要になる。6時間以内に手術ができれば、血管の機能が回復する可能性がある。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
急性上腸間膜動脈閉塞症、急性腸間膜動脈閉塞症
この病気に関連する症状
汗がでる、冷や汗がでる、血便がでる、脱水症状になる、呼吸困難になる、脈が速くなる、吐き気がする、お腹が激しく痛い... 続き(あと1症状)