- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

自閉性障害(自閉症)
受診する科
小児科 / 小児精神科 / 精神科
基本情報
症状や特徴
おもな症状として、次の3つがある。

1. ことばの遅れのために意思疎通ができないコミュニケーション障害

2. 場の雰囲気を察知できない社会性の障害。

3. 積み木など好きなものにのめり込み、他に関心が向かない想像力の障害。

主な治療法
泣いたり、かんしゃくを起こしたときに振り回されずに毅然とした態度を取り続けるなどして、社会に適応できる成長を促す。

すべての能力が低いわけではないので、そのこどもの能力や特性に合わせた療育によって社会に適応できるようになる。

ただし、攻撃的な行動や自傷行為は薬物によって抑制することがある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
カナー症候群、児童精神病、小児精神病、小児自閉症、自閉症、高機能自閉症、自閉的特徴を伴う知的障害、非定型小児精神病... 続き(あと1病気)
この病気に関連する症状
言葉の遅れがある、発育発達の遅れがある、人と会話ができない