- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

薬剤性肝障害(薬物性肝障害)
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器科
基本情報
症状や特徴
薬物治療を受けている間に、倦怠感や食欲不振、吐き気、発熱、発疹、黄疸、皮膚のかゆみなどが現れる。まれに黄疸が長期にわたり消えないことや、肝細胞壊死を起こすこともある。 障害はアレルギー反応による中毒性肝障害と、毒性の高い代謝産物が肝臓を害する過敏性肝障害とに分けられる。
原因
薬剤は、肝臓で代謝されるとき肝臓に害を与えることがある。薬剤は開発の段階で肝毒性のないことが確認されているが、薬に対する反応には個人差があり、長期間使用による影響にも個人差があるため、医薬品による肝臓障害をゼロにすることはできない。
主な治療法
薬による異常を感じたらただちに主治医に相談する。薬を止めれば、症状は速やかに改善することがほとんどである。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
急性薬物性肝不全、慢性薬物性肝不全、薬剤性劇症肝炎、急性薬物性肝炎、慢性薬物性肝炎、薬物性肝炎、薬物性肝障害
この病気に関連する症状
だるい・疲労・倦怠感がある、食欲がない、吐き気がする、発熱がある、皮膚がかゆい、黄疸(目や皮膚、顔色が黄色くなる)が見られる... 続き(あと1症状)