- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

解離性大動脈瘤
受診する科
循環器内科 / 心臓血管外科
基本情報
症状や特徴
急性大動脈瘤とも呼ばれ、大動脈の内膜に突然亀裂が入り、そこに血液が流入し大動脈瘤が形成される。

発症後2週間以内のものを急性解離と呼ぶ。

とくに心臓に近い上行大動脈で起こった場合をスタンフォードA型解離と呼び、緊急手術の対象となる。

多くの場合高血圧を併発し、解離が起きた場所によって、非常に強い胸の痛みや背中の痛みや失神、手足の麻痺、腹痛や下血、麻痺性イレウスなどの腸管虚血症状、腎不全などが起こることがある。

解離性大動脈瘤が破裂すると心臓内や肺腔内に血液がたまり、ショック状態となり、大動脈弁閉鎖不全症を起こしている場合は急性左心不全となる。

さらに主要分枝の血流障害により、各臓器が虚血壊死に陥り、死亡する。

原因
高血圧、動脈硬化、先天性の結合織疾患や心大血管の形態異常、大動脈炎、自己免疫疾患、妊娠などにより、大動脈の中膜が弱くなっている状態で起きる。

検査
心電図、胸部X線検査、超音波断層法、造影CT検査。

主な治療法
まず、血圧を低く保つことを目的に降圧薬を使用し、その後、解離を起こしている血管を切除して人工血管へ置き換えるか、解離腔を閉鎖する。

大動脈弁閉鎖症を合併している場合は弁形成術を行ったり、人工弁付きの人工血管を使用したりする。

手術は破裂防止と急性左心不全の治療のために行われ、手術後も解離腔は残存するので、血圧に注意し、禁煙、食事の減塩、降圧療法を続ける必要がある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
急性大動脈解離、急性大動脈解離DeBakeyI、急性大動脈解離DeBakeyII、急性大動脈解離DeBakeyIIIa... 続き(あと14病気)
この病気に関連する症状
胸が痛い、胸が激しく痛い、肩が痛い、肩が激しく痛い、意識を失う、からだの一部が麻痺する、手が麻痺する、足が麻痺する... 続き(あと5症状)