- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

転移性肝がん
受診する科
消化器外科
基本情報
症状や特徴
他の臓器や組織のがんが肝臓に転移したもの。

肝がんの75%を占めるとされる。

がんが小さいときは自覚症状はなく、進行すると、黄疸、腹水、意識障害、体重減少などの症状がみられる。

原因
肝臓は、動脈やリンパの他、門脈によっても他の臓器や組織とつながっているため、がんが転移することが多い。

検査
【画像検査】
 ・超音波検査、CT検査、MRI検査。

【血液検査】
 ・腫瘍マーカー。

【肝生検】

主な治療法
最初にできたがんがすでに切除されているか切除できる状態にあり、肝臓以外に転移がない、病巣が一定範囲内の場合は、切除手術を行う。

切除手術ができない場合は、抗がん剤の点滴や内服、冠動脈内抗がん剤注入法(TAI)、ラジオ波焼灼療法(PFA)などを行う。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
転移性肝癌、転移性肝腫瘍
この病気に関連する症状