- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

近視
受診する科
眼科
基本情報
症状や特徴
遠くがぼけて見え、近くのものははっきりと見える状態。

単純近視と、視機能障害や視野欠損をともなう病的近視の2種類がある。

原因
生まれつき角膜から網膜までの距離(眼軸)が長いことにより焦点が合わなくなる(軸性近視)。

仕事や学習などで近いところを日常的に見つづけると、毛様体筋(もうようたいきん)が常に緊張して水晶体が厚くなり、この状態が眼軸を伸ばすために近視になる(仮性近視)。

検査
 ・視力検査。

主な治療法
仮性近視であっても近視を治す方法はないが、近視になりかけの時期に、寝ている間に毛様体筋(もうようたいきん)を緩める点眼液を就寝前に用いることで視力が改善されることがある。

0.7以下の視力になったら眼鏡やコンタクトレンズによる矯正が勧められる。

手術としては、レーザーで角膜を切除し屈折率を弱くするLASIKなどの手術法がある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
一過性近視、中等度近視、仮性近視、学校近視、屈折性近視、強度近視、最強度近視、混性近視、痙性近視、軸性近視... 続き(あと3病気)
この病気に関連する症状
視力が低下する、目が見えにくい、遠くのものが見えにくい