- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

進行胃がん
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器外科
基本情報
症状や特徴
胃の深い筋層、漿膜(しょうまく)下層、漿膜まで広がっている胃がん

みぞおちやへその上に固い凸凹したしこりが現れる。

舌が出血しやすくなったり、褐色になる。

胃の重圧感、食事がのどを通りにくい、貧血、口臭、味覚異常、腹水や吐血、タール便、下血などがみられる。

原因
発がん性物質とされる、活性酸素、ジメチルニトロソアミン(肉や魚に含まれ、焦げると増える)、ダイオキシン類の摂取。

過食、早食い、飲酒、喫煙、熱すぎる料理。

ヘリコバクター・ピロリ菌の持続感染。

塩分や脂肪分も胃がんの発生に関わっていると考えられる。

検査
【定期健康診断】
 ・胃内視鏡検査(胃カメラ)。

 ・胃X線造影検査(胃レントゲン)。

主な治療法
手術では、胃の切除手術や周辺リンパ節、臓器も切除する拡大手術が行われる。

薬物療法では、術後の抗がん剤治療を行う。

上記に放射線療法】を組み合わせることがある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
胃癌末期、胃進行癌、胃重複癌
この病気に関連する症状