- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

過敏性肺炎
受診する科
アレルギー科 / 内科 / 呼吸器科
基本情報
症状や特徴
咳、発熱、呼吸困難がおもな症状だが、抗原を吸入してから数時間で現れる急性型や、ゆっくりと進行し、慢性的に続く慢性型がある。

原因
外因性アレルギー性胞隔炎ともいい、小さなちりやほこりなどを繰り返し吸入することで、それがアレルゲンとなって肺炎が起こる。

夏型過敏性肺炎はトリコスポロンというかびの一種が原因で起こる。

空調肺・加湿器肺は空調設備や加湿器の水やフィルターに繁殖した好熱性放線菌が原因で起こる。

農夫肺は干し草や肥料に生えたかびの胞子を吸い込むことが原因で起こる。

鳥飼病はハトやインコなどの鳥の羽毛や排泄物が抗原となって発病する。

主な治療法
アレルゲンを取り除くことが重要であるが、症状が改善するのが遅い、または状態がよくない場合には、プレドニゾロンなど、炎症を抑えるステロイド薬による薬物治療が行われる。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
綿肺症、麻服仕立工病、農夫肺、さとうきび肺、鳥飼病、コルク肺、麦芽製造業者肺、きのこ作業者肺、かえで樹皮はぎ職人肺... 続き(あと9病気)
この病気に関連する症状
咳がでる、発熱がある、呼吸困難になる