- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

門脈圧亢進症
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器科
基本情報
症状や特徴
門脈(小腸や大腸、脾臓などの腹腔内臓器の静脈血が合流して形成された静脈幹)の血圧が高まると、肝臓に血液が流れにくくなり、圧力の低いほうに向かって血液が流れ、意識障害や肝機能障害、腹水、足のむくみなどが起こる。 また、門脈と大静脈系との間に側副血行路(シャント)が形成されると、静脈瘤ができ、消化管出血、門脈圧亢進性胃症とよばれる胃粘膜の炎症が起こり、汎血球減少症などが起こることがある。
原因
門脈圧は腹圧や食事、咳などの影響でも変わるが、門脈圧亢進症を起こす一般的な理由は、肝硬変とウイルス、アルコールといわれる。肝硬変バッド・キアリ症候群も原因となる。
主な治療法
門脈圧を下げる治療として、降圧薬や静脈を収縮させる薬などを用いる。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
クリュヴリエ・バウムガルテン症候群、特発性門脈圧亢進症、門脈圧亢進症、門脈圧亢進症性胃症、門脈圧亢進症性胃腸症... 続き(あと2病気)
この病気に関連する症状
意識がはっきりしない、お腹がふくらむ、下半身がむくむ、足がむくむ、むくみがある