- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

閃輝暗点
受診する科
内科 / 眼科 / 神経内科
基本情報
症状や特徴
目の前に稲妻のようなシグザグな形の光が見え、その内側が真っ暗になったりする症状が20分ほど続く。

多くは両目に起こり、10~30歳代の男女には、1週間に1回または数か月に1回などの間隔で定期的に起こる。

閃輝暗点に続いて頭の片側がズキズキと痛む片頭痛がよくみられる。

中高年には、光が見えるだけで、頭痛などが起こらないケースが多い。

原因
頭痛を伴うものは、片頭痛が原因である可能性が高い。

しかし、高血圧、動脈硬化、脳動静脈奇形、脳腫瘍等によって閃輝暗点が現れることもあり、これらにも頭痛を伴う場合がある。

主な治療法
原因が片頭痛の場合は、血管収縮作用のある薬などで治療する。

それ以外は脳循環障害を疑い、総合病院を受診する。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
閃輝暗点
この病気に関連する症状
目の前に稲妻のような光が見える、頭が痛い、側頭部が痛い