- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

頸椎椎間板ヘルニア
受診する科
整形外科
基本情報
症状や特徴
脱出した髄核が神経を圧迫している場合、首の後ろから肩、背中にかけて痛みやしびれを感じるようになる。

脊髄が圧迫されている場合には症状が多岐にわたり、手のしびれが最初は片側に、やがて両手に感じられるようになり、手や指が思うように動かせなくなることもある。

さらに、足にもしびれが走ったり、歩行障害が現れたりすることもある。

ひどい場合は排尿や排便の異常もみられる。

原因
椎間板の変性により内部の圧が一時的に上昇したために、亀裂の生じた線維輪から髄核の脱出が起こる。

変性の始まった椎間板に、激しい運動や力仕事をしたり、急にひねったりすることで強い力が加わり、発症するといわれ、飛び出した髄核が神経や脊髄を圧迫し、痛みやしびれなどの症状を引き起こす。

主な治療法
痛みの激しい急性期には、消炎鎮痛薬を使ったり、患部を温め安静にしたりする。

痛みがひどい場合には、頸椎カラーを一定期間装用して首の動きを制限したり、神経ブロック治療を行ったりすることもある。

神経が圧迫されて起こる神経根症状がみられる場合は、保存療法を行いながら椎間板にかかる圧力を軽減するために牽引療法を行うことがある。

ひどい痛みやしびれが続く場合は、手術も検討する。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
頚椎椎間板ヘルニア
この病気に関連する症状
肩がこる、肩が痛い、からだの一部がしびれる、肩がしびれる、首がこる、首が痛い、頭が痛い、後頭部が痛い、腕が痛い... 続き(あと5症状)