- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

食道狭窄
受診する科
内科 / 気管食道科 / 消化器内科 / 消化器科
基本情報
症状や特徴
食べ物が通りにくくなるため、胸のつかえや胸痛が起こる。

原因
先天性のものと後天性のものがあり、後天性では、食道炎食道潰瘍が進行し、食道の内腔が引きつれて狭くなって起こることが多い。

食道腫瘍、食道アカラシアによっても起こる。

主な治療法
原因を探り、原因疾患の治療をしたうえで、ブジーによるバルーン拡張術という手術を行う。

効果がみられないときは、食道と胃をつなぐバイパス手術やステントとよばれる金属製の管を挿入する手術を行う。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
腐食性食道狭窄、食道圧迫症、食道狭窄、食道瘢痕、食道良性狭窄、食道閉塞症
この病気に関連する症状
胸焼けがある、胸が痛い、胸がつかえる