- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

食道裂孔ヘルニア
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器外科 / 消化器科 / 胃腸科
基本情報
症状や特徴
胃の一部あるいは全部が、食道を通すために横隔膜にあいている穴(裂孔)の上に滑り出た状態。横隔膜による締め付けが緩むため、逆流性食道炎を起こしやすく、胸焼けや上腹部の膨満感、胸のつかえ感、嚥下障害、胸骨後部の圧迫感、胸痛などがある。
原因
先天的なものと、肥満、喘息、妊娠などが原因で腹腔内圧力が高まって起こるものがある。高齢者では、加齢により食道裂孔が緩くなった場合や、背骨が曲がっている場合に起こりやすい。
主な治療法
軽症の場合は治療を行う必要はない。逆流性食道炎などの症状が起こっているときは、薬物を使った治療や手術を行う。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
先天性食道裂孔ヘルニア、術後食道裂孔ヘルニア、食道裂孔ヘルニア
この病気に関連する症状
膨満感がある、胸が痛い、胸焼けがある、ものが飲み込みにくい、胸がつかえる