- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

騒音性難聴(音響外傷)
受診する科
耳鼻咽喉科
基本情報
症状や特徴
騒音に長時間、繰り返しさらされることによって耳鳴りを感じるようになり、だんだん会話の声が聞こえにくくなる。

初期には多くの場合高い音が聞こえにくくなるが、進行すると広い周波数の範囲で聴力が低下する。

原因
音の振動によって蝸牛(かぎゅう)血流が滞ったり、感覚細胞が障害されておこる。

検査
 ・聴力検査。

主な治療法
騒音性難聴の回復は難しく、重症化予防のために耳栓や耳あてをして耳を保護したり、耳を休ませる時間を持つことが大切。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
音響外傷、騒音性難聴
この病気に関連する症状
耳鳴りがする、耳が聞こえにくい、高い音が聞こえにくい、低い音が聞こえにくい