- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

鼓膜炎
受診する科
耳鼻咽喉科
基本情報
症状や特徴
鼓膜の炎症で、20~40歳代女性に多く発症し、多くは片側だけに起こる。

【水疱性鼓膜炎】
鼓膜に水ぶくれができる。

耳の痛みが激しく、耳だれはあまりないが、中耳炎を合併することがあり、その場合は難聴や発熱がみられる。

耳鳴りが伴うときは注意が必要。

【肉芽性鼓膜炎】
鼓膜に肉芽やびらんが生じ、痛みは軽度だが耳だれが続く。

耳鳴りや難聴を感じる場合もある。

原因
ウイルスや細菌の感染が疑われるが、明らかではない。

主な治療法
一般的には、抗菌薬、消炎鎮痛薬の内服で治療。

【水疱性鼓膜炎】
痛みの緩和のために水ぶくれをつぶすことがある。

難聴が起こった場合は、ステロイド、ビタミン剤、循環改善薬などを用いる。

【肉芽性鼓膜炎】
抗菌薬の点耳や、顔を横に倒し点耳薬を浸透させる耳浴などの方法で処方する。

慢性化すると、肉芽を切除したり、トリクロリールなどの薬剤で焼灼したりする。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
急性鼓室炎、急性鼓膜炎、水疱性鼓膜炎、慢性鼓室炎、慢性鼓膜炎、上鼓室炎、肉芽性鼓膜炎、鼓室炎、鼓膜充血... 続き(あと3病気)
この病気に関連する症状
耳が痛い、耳が激しく痛い、耳だれがある、耳が聞こえにくい、耳鳴りがする、発熱がある