【噂話】芸能News

梨泰院クラスは日本で言うとどこ?結末に納得いかない理由を深堀り!

韓国ドラマ「梨泰院クラス
韓国で2020年1月〜3月までNetflixで放送されました。
また、2021年日本で最も観られた韓国ドラマです。

元々はマンガですが、日本でもドラマ化され話題になりましたね!

梨泰院って日本で言うとどこなの?
結末納得いかない
という声があるので詳しく解説していきます!

よつば
よつば
私はパクソジュンさんが出演されているという動機で観ました!

梨泰院クラスは日本で言うとどこ?

韓国のソウル市にある梨泰院(イテウォン)。

繁華街で外国人が多く見られ、クラブやバーも多く並び賑わっている街です。
飲食店は韓国料理というより国際色豊かで色んな国の料理屋さんが多くあります。

梨泰院には龍山基地(ヨンサンきち)がある事から、外国人が多いです。
日本だと米軍基地が使用するヘリポートがあったり、梨泰院と同じく外国人が多い街と言うと六本木が街としてはイメージが近いと思います。

よつば
よつば
繁華街だけど若い人で騒がしいというより、大人の遊び場というイメージですね!

梨泰院クラスの結末とは?

大人気の「梨泰院クラス」。
最大の結末の見どころはふたつあると思います。

結末の見どころ

  • 主人公セロイ念願の長家の会長への復讐の結末
  • セロイとスアとイソの恋の三角関係の行方

項目別に結末を解説していきます!

まだドラマをご覧になってない方へ…。
この先を読めば楽しみが減ってしまう可能性があります。
ご理解の上、読み進めていただければと思います

主人公セロイ念願の長家の会長への復讐の結末

セロイの高校生時代から物語は始まります。
散々人生を狂わされた長家の会長への復讐
この気持ちを胸に仲間と一緒に飲食業界トップを目指すというストーリー。

その中に色んな人間関係、人間模様が描かれてます。

そして最大の会長への復讐はどうなるか?
というのが一番気になる部分です。

結末としては、会長は土下座を!
さらに、セロイとその父親に涙を流しながら許しを請います。

最後は、会長の大事にしていた会社をセロイが買収する。
という結末で終わっています。

セロイとスアとチョイソの三角関係の行方

高校生から大人になってもセロイはスアの事が好きでした。
再会した後もセロイは、スアの魅力に惹きつけられっぱなしな様子が伝わってきます!

それがじれったくてそわそわしてしまうのですが…。
序盤にセロイと一緒に会社を動かしてくれそうなキーパーソンが現れます。

それがイソです。

イソは積極的なアプローチとセロイの為に、何事にも全力を尽くす姿勢を貫きます。
そして会社にとってなくてはならない存在になり…。
最終的にはセロイにとってなくてはならない存在に変わっていきます!

最後はスアよりイソの存在がセロイの中で大きくなっていき…。
プライベートでもビジネスでも良いパートナーとして描かれてドラマは終わっています

よつば
よつば
仕事も恋も上手くいった印象の終わり方だと私は感じました♪

梨泰院クラスの結末に納得いかないのはなぜ?

16話ありますが、一気見できるくらい話の展開が気になる梨泰院クラス。
観てる人が多かった分、結末に納得がいかないとの声も聞こえます。
どの部分が納得できないのか詳しく解説していきます!

納得いかない理由
  1. ライバルの会長の最後に納得がいかない
  2. 三角関係に納得がいかない

①ライバルの会長の最後に納得がいかない

長家の会長は絶対的な権力を持っています。
高校の先生までもが会長の息子には頭が上がりません。

それを許せないセロイと会長の息子がぶつかります。
会長はセロイに「土下座したら許してやる」と理不尽な事を言い放ちます。

絶対にしないとセロイは言い張り退学に追い込まれます。
セロイの父親も「良く言った。自慢の息子だ!」と絶対的味方です。
その父親が長家の息子によって殺されてしまうのです。

セロイにとって人生を狂わした人は会長とその息子
そして会長は自分の息子にさえも冷酷です。

自分の利益、会社の利益しか考えてないような人なので…。
その存在は「何をしても勝てないんじゃないか」
と思わせるほどの権力者として登場しています。

ここからが本題。
その会長が終盤で病気になり、その頃にはセロイの会社も会長の会社と飲食業界の1位2位を争うほどに!

自分のした事やビジネスの面でもセロイへの敗北を認めるのです。
最後にセロイに土下座するシーンが…
あんなに強くて冷酷な会長が、あっさりと土下座してしまうでのす。

そのシーンではセロイの父親も現れてセロイと並びその様子を見ているのですが…。
今まで散々色んな事をされて人生を狂わした人ですよね。
ここでスカッとするというよりは、哀れで切なくなる感情になった方が多かったようです。

その事から、もっとスカッとするような会長への復讐劇!
などを期待していた方が多かったのではないでしょうか。

これが結末に納得がいかない理由のひとつだと思います!

②三角関係に納得がいかない

スアをずっと好きだったセロイ。
セロイをずっと好きだったスア。
セロイの心はイソへと移り変わり終わっています。

スアは容姿端麗で会長の息子からも好意を寄せられていました。
会長の会社、長家に勤めてはいるものの会長の悪事を暴こうと影ながら行動をしていました。
セロイの為とも言えるでしょう。

2人の関係は「一方的にセロイがスアの事が好き」
ここが進展しきらない状況が長かったです。

スアは葛藤があったんだと思います。
しかし、視聴者からすると早く長家辞めてセロイを支えてあげて!
ともやもやした方も多かったみたいです。

それと反対にイソは天才肌で、「セロイの成功が自分の成功」と信じてます。
持っている能力を生かして全力で会社に貢献していきます。
そして自分の気持ちも真っ直ぐセロイに伝え続けます。

正反対な二人ですが、セロイはイソを選びました。
イソは性格がはっきりしすぎて「根性が悪い」「あざとすぎる」
との声も多く聞こえました。

そんなイソを選んだので影でサポートしてきたスアの気持ちはどうなるの?!
スアが可哀想すぎる!
との意見があるのも結末に納得いかない理由だと思います。

よつば
よつば
確かに納得いかない声を聞くと、もっとスッキリしても良い気がします。

まとめ

まとめ
  • 梨泰院クラスは日本で言うと六本木がイメージに近い
  • 最大のライバルの会長があっさり土下座したのが納得いかない
  • 恋の三角関係はあざとく積極的なイソを選んだのが納得いかない

日本でも「六本木クラス」が2022年に放送されましたね!
やはりイメージとしては梨泰院と六本木は雰囲気が似てるのかもしれません。

色んな意見がありますが、三角関係はどっちとひっついても幸せなセロイだったのではないでしょうか。