生活全般

3LDKで5人家族の部屋割りは?子供を振り分ける3パターンを紹介

家は広すぎず狭すぎず、ご家庭に合ったサイズを選ぶのが一番です。

5人家族3LDKの家に住むと聞くとどのように感じますか?
「手狭だ」と感じる人もいれば、「十分だ」と感じる人もいると思います。
5人家族の3LDKでも少し工夫するだけで快適に暮らせるんです♪

この記事ではお父さん、お母さん、子供3人の5人家族ではどのように部屋割りをすべきか、実際に住んでいる人の様子を踏まえて紹介します!

よつば
よつば
3LDKに住んでいたり、住もうか考えている5人家族のご家庭の参考になれば嬉しいです!

3LDKで5人家族の部屋割り3パターン


部屋割りはかなり重要なポイントです!
3LDKの5人家族では、どのような部屋割りが考えられるでしょうか。

子供の年齢や性別、お父さん・お母さんの就業状況によっても変わってきます。
何に重きを置くべきか考えた上で部屋割りを決めた方がよいでしょう。

5人家族で3LDKに住む場合の部屋割りの例をまとめました♪

①両親の部屋+子ども1人の部屋+子ども2人の部屋

お父さんとお母さんで一部屋を使う場合です。
子供の年齢がある程度大きい場合は子供部屋を与える必要があります。

子供が3人いる場合の子供部屋の分け方は、2パターンが考えられます。

  1. 同性を同じ部屋にする
  2. 上の子が1人部屋、下の2人を同じ部屋にする

特に受験勉強が必要な子供は勉強に集中できる場所が必要です。
誰を一人部屋にするべきか家族で話し合って決めましょう!

②お父さんの部屋+お母さんと子供1人の部屋+子供2人部屋


こちらはお父さんが仕事するために個室が必要な場合です。
子供がまだ小さい場合は、お母さんと小さい子を同室にして、残った部屋を2人の子供部屋にする部屋割り。

お母さんはせっかく皆が寝静まっている時に、起こしたくはないですよね…
こちらの部屋割りならお母さんが一番下の子の授乳や寝かしつけをする時も、他の家族を気にすることなくお世話ができますね!

お父さんは個室で集中できますし、子供ふたりも仲良く過ごすことができる部屋割りになっています♪

③両親の部屋+子供部屋+フリースペース


最近はリモートワークの需要も増えてますね。
お父さんとお母さんが共働きでリモートワークの場合、仕事できる場所を2か所用意する必要があります。

子供にまだ個室を用意する必要がない場合、余った部屋は第二リビングや収納等のフリースペースにするのもあり♪

作業場所はお父さんとお母さんの部屋にひとつと、もうひとつはリビングやフリースペースに作るのがおすすめです。

ツイッターで調べてみると、リビングの片隅にワークスペースを作っている人がいました!


子供が通学している間に子供のデスクを使って仕事をする人も♪

よつば
よつば
ライフスタイルによって全然異なりますね。状況にあわせて部屋割りを変えて、家族みんなが過ごしやすい空間にできたらいいですね♪

実際に5人家族で住んでいる人の様子は!?

YouTubeでは、2DKや2LDKのお家に5人家族で暮らしている家庭がありました。
5人家族の暮らしの様子が垣間見えて面白いですよ♪

坪数や部屋の大きさによって違いはあると思いますが、2LDKや2DKで暮らしている人もいるので3LDKあれば5人家族でも十分に暮らせそうです!

よつば
よつば
家の中のモノの量やライフスタイルがどうなのかを考えた上で決めた方がよさそうですね♪

5人家族が3LDKで快適に住む2つのポイント


5人家族で3LDKに快適に住むためには、物を増やしすぎないように工夫することが一番!

物が多いとその分収納スペースを確保する必要があります。
でも収納する家具を置くと部屋がどんどん狭くなってしまいます…

限られたスぺースで生活するために、工夫しましょう!
今すぐ実践できそうなポイントをまとめてみました♪

①服は決めた数以上は家に置かない

服は安い時にまとめ買いしたり、おさがり用に取っておくと場所を結構取ります。
服が多いと埋もれてしまって、結局同じ服しか着ないですよね…

そんな時は思い切って最低限の量しか家に置かないようにしましょう!
服は決められている収納場所に入る量しか買わない、服を手放してから買う等、ルールを作れば服で埋もれることはないはずです♪

②薄型家電や家具を選ぶ

生活に欠かせない家電や家具ですが、大型のものを選ぶと住居スペースが圧迫します。
限られたスペースを有効利用するために薄型のものを選ぶようにしましょう!

ノートパソコンやデスクといったコンパクトにできるものを選ぶと、好きな場所に運んで使うことができます。
使わないときは片付けておけるので、部屋を狭くしたくないときに最適♪

他にも家の中でのんびりできるソファーは気持ち良いですが、かなり場所を取ります…
そんな時は布団がソファーに早変わりするカバーを検討してみるのも良さそうです!

よつば
よつば
3LDKでも工夫すれば快適に住めるようになりますね!

5人家族が3LDKに住むメリットとデメリットは?

最後に5人家族で3LDKに住んだ場合のメリット・デメリットをみていきましょう。

5人家族で3LDKに住むメリット・デメリット

【メリット】

  • 家賃や電気代等が削減できる
  • 家族との距離が近い
  • 掃除の負担が減る
  • 子供やペットの世話をしやすい

【デメリット】

  • 全員に個室を与えられないため、プライバシーを確保しづらい
  • 物が多い場合は住居スぺースが狭くなる

もしメリットが魅力的に感じるのであれば、3LDKに住んでも問題はなさそうです♪

まとめ

5人家族で3LDKに住めるか
  • 家賃や電気代が下がる、家族との距離が近いことはメリット
  • プライバシーを確保しづらい、物が多いと住居スペースが狭くなるのがデメリット
  • 3LDK以下の家でも問題なく暮らしている人もいる
  • 部屋割りは家族の仕事や年齢等、状況によって決める
  • 快適に住むためには物を増やしすぎない

この記事では5人家族でも3LDKが住めるのかまとめました。
せっかくのお家、家族が快適に過ごせる場所になるといいですね♪