生活全般

ホカオネオネの評価はダサい?種類やどこの国の言葉かwikiで調査

ホカオネオネはアスレチックシューズ会社の名称です。
そのランニングシューズの特徴から、ダサいという評価をされることもあります。

また、「ホカオネオネ」とはどこの国の言葉なのか…
どんな意味を表すのか…気になりませんか?

そこでホカオネオネの評価やどこの国の言葉が由来なのか、その種類などをwikipediaで徹底的に調査しました!

ホカオネオネがダサいと評価されている3つの口コミ

ホカオネオネはソールが分厚くて、奇抜なデザインをしているのが特徴です。
それゆえに「ダサい」といわれることがあります。

ホカオネオネの評価を3つ挙げてみました!

ホカオネオネのスニーカーを「ダサい」という評価を集めましたが、全体的に少数派でした!
むしろ長距離ランナーや芸能人の間でも人気のあるブランドのひとつだったのです。

特に多かった「ダサい」という評価の理由をまとめました。

スニーカーの靴底が分厚いのは最近のトレンドとも言えます。
身長の低い人は盛れますし、足長効果も期待できるのでメリットととらえる人の多い印象でした♪

よつば
よつば
たしかに、初めてホカオネオネのシューズを見かけた時はインパクトのある見た目でした!
足長効果は嬉しいポイントですね♪

ホカオネオネってどこの国の言葉?Wiki調査

「ホカオネオネ」という言葉は日本人にとって馴染みのない響きですよね…
その名前の由来はどこの国か、発売しているスニーカーの種類などをwikipediaや公式HPで調べてみました。

ホカオネオネはどこの国の言葉が由来?

実はホカオネオネ(Hoka one one)はフランス発祥のアスレチックシューズメーカーの会社名です。
その名である”Hoka one one”はニュージーランドの先住民族マオリの言語が由来になっており「地球上を飛ぶ」という意味が込められています。

ホカオネオネをwikipediaで検索!

ホカオネオネはどのようなブランドなのでしょうか?
その概要をwikipediaで調べてみました!

ホカオネオネの会社概要

ホカオネオネ(Hoka One One)はフランスのアスレチックシューズ会社です。
フランスのアヌシー発祥のスポーツシューズ会社でランニングシューズのデザインと販売を行っています。

現在、本社はカリフォルニア州ゴレタに構え、Deckers Brandsの子会社として運営されているのです。
DeckersBrandsはプロのランナーを後援しています。

ホカオネオネもアリゾナ州フラッグスタッフに拠点を置く専門的なトレーニンググループとの長期スポンサー契約を結んでいるのです。

2009年の会社設立時にはミニマリストシューズがトレンド。
そんな中、ミニマリストシューズとは対照的な特大のアウトソールを備えたシューズ(マキシマリストシューズ)を製造、販売しランニング業界から注目を集めたのです。

現在はホカオネオネはロード、トレイル用のロープロファイルシューズとマックスクッションシューズの両方を製造しています。

引用:Wikipedia

ホカオネオネの歴史

ホカオネオネは、2009年に元サロモンの従業員であるニコラス・メルムードとジャン・リュック・ディアードによって靴のデザインを模索して設立されました。

下り坂をより速く走ることができ、当時の他のランニングシューズよりもクッション性の高い特大のアウトソールを備えたモデルを作成し一躍人気に…

靴の名前(ホカオネオネ)はマオリ語「地球上を飛ぶ」を大まかに意味するフレーズにちなんで名付けられました。

靴はクッション性が強化され、ウルトラマラソンランナーに最初に受け入れられました。更に、最大のクッションと最小の重量を提供することで、他のランナーの間でも人気を集めています。

よつば
よつば
ホカオネオネって独特な名前ですけど「地球上を飛ぶ」ってかっこいい意味ですね。

ホカオネオネにはどんな種類のスニーカーがあるの?

ホカオネオネはそれぞれの特徴をもったブランドを展開しています。
その種類と特徴を調査しました!

ホカオネオネの種類と特徴

ホカオネオネが発売しているブランドで主なものの種類と特徴をまとめます。

ホカオネオネの種類と特徴
  • クリフトン:ホカオネオネ初心者向けのシリーズ。普通のジョグやランにおすすめ。
  • ボンダイ:ソールがとにかく厚いのが特徴で見た目にもインパクトがあります
  • リンコン:軽量性を高めたシリーズ。レースやトレーニング向け。
  • マッハ:走行性と反発力を高めたシリーズ。
  • カハ:柔らかくてボリュームのあるクッション性。
  • スピードゴート:優れたグリップ力と高いクッション性を兼ね備えたモデル。
  • カーボンエックス:カーボンプレート採用のシリーズ。
  • カーボンプレートシューズ
よつば
よつば
ホカオネオネのシューズはブランドによって特徴が違うんですね♪
履く場面でブランドを選ぶとよさそう!

おすすめのホカオネオネシューズ3選

ホカオネオネはさまざまな種類のブランドがありますが、その中からおすすめのシューズを3つ紹介します!

①ボンダイ7(BONDI 7)

 

この投稿をInstagramで見る

 

MLStore(@m_lstore)がシェアした投稿

ロードシューズのラインナップで最もクッション性が高く、柔らかな履き心地がBONDIシリーズの特徴です。
その中でもBONDI 7はベストセラー商品になります!

ボンダイシリーズは特にソールが厚いブランドですが、BONDI 7はソールの厚さに加えて安定性がアップしました。
厚底に慣れていないランナーは横にブレてしまう恐れがありますが、BONDI 7はその欠点が解消されています。

体重が重くて膝の負担が気になるランナーや、初心者ランナーにおすすめの商品です♪
また、白地のシューズだと「HOKA」のロゴは気にならないかもしれません。

②クリフトン8(CLIFTON 8)

ソフトな履き心地を実現したクリフトンシリーズで人気があるのがCLIFTON 8です。
軽さと柔らかさを兼ね備えたシューズで初めてホカオネオネのシューズを履く方にもピッタリ♪

たくさんのランナーがクリフトン8を履いてランニングをしています!
ホカオネオネ公式サイトでもベストセラーになっているモデルです。

③リンコン3(RINCON 3)

 

この投稿をInstagramで見る

 

カズ君(@kazukun_16ota)がシェアした投稿

柔らかさや速さ、軽さを実現したRINCON 3モデル!
軽量化を重視して作られており、これまでのホカオネオネのシューズのイメージを変えるモデルとして発売されました。

ホカオネオネのランニングシューズは1万円から2万円代と高価格のブランドです。
その中でもRINCON 3は定価で15,400円(税込み)と初心者でも手に入れやすい商品となっています。

よつば
よつば
普段使いだとインパクトが強いですが、ランナーが履いているとかっこいいです♪

まとめ

ホカオネオネの特徴をまとめてました!

ホカオネオネのまとめ
  • ホカオネオネのロゴや見た目がダサいという意見がある
  • ホカオネオネのシューズは厚底ソールが特徴
  • ホカオネオネはフランス発祥の会社でマオリ語で「地球上を飛ぶ」という意味が由来
  • ホカオネオネのシューズはランナーに人気のブランド

ホカオネオネのシューズはランニングなどトレーニング向けに機能性を重視して作られていました!
ランニングを日課にしている方はぜひ一度履いてみてください♪