生活全般

消えないの?しまっておいた服の黄ばみや茶色いシミの落とし方を解説

皆さん、季節が変わるごとに衣替えをしますよね。

でも、ただでさえしまっておいた服を出すのが大変なのに…
黄ばみ茶色いシミがあるとショックを受けると思います。

黄ばみ茶色いシミがあると消えないと思って、捨ててしまったこともあるのでは?
黄ばみや茶色いシミは実際に消えないのでしょうか。

よつば
よつば
私もシミが落ちない服を思い捨ててしまった記憶があります…

本当に黄ばみと茶色いシミは消えないの?

お洋服に黄ばみと茶色いシミができたら本当に消えないのか不安になりますよね?
黄ばみやシミの程度によりますが、簡単に消せる方法があることがわかりました。

どのように黄ばみと茶色いシミを簡単に落とすのか見てみましょう!

黄ばみと茶色いシミを落とす方法

できてしまった黄ばみや茶色いシミは、洗濯で落とすことができるのでしょうか?
黄ばみやシミによりますが、自宅の洗濯機で簡単に落とすことが可能です。

では、実際に落とし方を見ていきます。

①酸素系の漂白剤を使って落とす方法

酸素系漂白剤は服の繊維や色・柄を守るのでおすすめです!

注意:洗う前にタグの「洗濯表示」を見て酸素系漂白剤を使用できる服なのか確認。

最初に自宅で簡単に作れる「魔法の水」を用意します。
魔法の水」とは、シミ抜きのプロの方が考案した万能のシミ取り剤です。

「魔法の水」の作り方

<材料>

  • 食器用洗剤…3滴
  • 重曹…小さじ1
  • 酸素系漂白剤…小さじ3

<作り方>
材料をすべて容器に入れて、数回混ぜるだけです。

ただし、保存は効かなく3時間たつと重曹と漂白剤が化学反応で中和し効果がなくなるので注意しましょう!

次は、「魔法の水」の使い方。
タオルをシミがついている服の下に置きます。

シミのある部分に歯ブラシで魔法の水を付け、綺麗になるまでトントンと軽くたたき続けてください。
そして、汚れが落ちたらぬるま湯で魔法の水を洗い落とし洗濯をして終了です!

ちなみに、この魔法の水は食べこぼしのシミにもつかえますよ。

②酸素系漂白剤とお湯につけ置きする方法

次はお湯を使ったパターンです。

酸素系漂白剤を50℃~60℃くらいのお湯1リットル=大さじ1を入れます。

次に、シミの部分だけ漂白剤を入れたお湯に約1日くらい浸け置き。

お湯から取り出して、シミが取れていたらOKです!

そのあとは、いつも通り洗濯をして終わり。

ただし、金属のボタンか飾りがついていると変色してしまいます。
つけ置きはは避けましょう!

目安のお湯の温度
  • 綿や麻の淡い色・化学繊維の白の衣類…40~60℃
  • 綿や麻の衣類…60~100℃
  • 綿、麻、化学繊維の色の濃い柄物…40℃前後

※化学繊維とは主原料が石油のポリエステル・ナイロン・アクリルなどの繊維のことです

③塩素系漂白剤

非常に強い漂白力の塩素系漂白剤。
色がある服だと色落ちをするため、白い服限定で行ってください。

また、服を傷ませる可能性がありゴワゴワに固くなるデメリットもあります。
なので最終手段として洗いましょう。

ですが塩素系漂白剤は、サビでついた茶色いシミに効果的!

はじめに40℃~60℃くらいのお湯に塩素系漂白剤(1リットル=5g)を入れて、良く溶かします。

次に、衣類をつけ置きします。30~60分くらい放置。
時間が経過したら、水でよくすすいで洗濯をして終了です。

以上が落とす3つの方法でした。
それでも、落ちない場合はクリーニングに出しましょう。

よつば
よつば
家で手軽に黄ばみやシミを落とせるのはいいですね♪
ぜひ、試してみたいです!

黄ばみや茶色いシミができる原因とは?

なぜ、洗濯をしてから服をしまったのに黄ばみやシミができてしまうのでしょうか?

黄ばみ

まずは「黄ばみ」について説明します。
黄ばみが起きる原因は「酸化」。

衣服に付着している汚れと酸素が反応して「黄ばみ」になってしまうんです…
黄ばみの具体例は↓の3つ。

黄ばむ原因
  1. 服に付いた汗とたんぱく質が変色している
  2. 洗剤が落ちないまま時間が経過
  3. 直射日光で衣類が日焼け

1つずつ解説すると…

①服に付いた汗とたんぱく質が変色している

服についた汗やたんぱく質が、きれいに洗い落ちるなら問題はないのですが…
洗濯洗剤や漂白剤を使っていても、完全に洗い落とすのは実は難しいのです。

洗い落とせなかった汗やたんぱく質が「酸化」して黄色くなってしまい、頑固な黄ばみに変化してしまうんですね。

」「」「」など肌に接する部分は皮脂汚れがつきやすいため、黄ばみやすくなっています。

②洗剤が落ちないまま時間が経過

節水タイプの洗濯機は、すすぎ洗いが1回で済んでしまいます。

ですが、1回のすすぎだけでは洗剤は落とせていません。
そのため、残った石鹸かすや液体洗剤が変色して黄ばむ原因に…

また、洗剤の使い方によっても黄ばむ原因にもなります。
黄ばみを取るために洗剤を多く使うことで、さらに黄ばみを増やしてしまうこともあります。

洗剤をきちんと洗い流せていないと黄ばんでしまいます。
洗剤が洗い落とせるように、しっかりとすすぎをしましょう!

③直射日光で衣類が日焼け

衣類に日光が当たると、黄ばみができてしまいます。
紫外線が汚れや洗剤と反応して、黄ばみやすくなってしまうんですね。

干すときは、なるべく「日光を避ける」「風通しが良い」場所で乾かしましょう!

茶色いシミ

茶色いシミの原因は↓の3つ。

茶色いシミができる原因
  1. カビ
  2. サビ
  3. 水に落ちない汚れ

①カビ

茶色いシミの原因の1つは、なんと「カビ」です。

衣類は通気性が悪いまま長期保管をしてしまいがち。

通気性が悪いままだと湿気ができ、だんだん見えないカビが発生します。
そのため、見えないカビが酸化して茶色いシミができてしまいます。

②サビ

茶色いシミの原因はカビが一番多いみたいですが、サビの可能性もあり。

なぜなら、水道水に「鉄サビ」が含まれているからです。
古い家や賃貸マンションは、水道管が錆びている場合があります。

そのため錆びた水道管から出てくる水で衣類を洗うと、鉄サビが付着。
茶色いシミができてしまう可能性が高いです。

また、ファスナーなどが錆びた場合も同じ現象が起こりますので気を付けましょう。

③水で落ちない汚れ

カビやサビでない場合は、黄ばみと同じように皮脂などからの汚れの可能性も。

洗って汚れを落としたつもりでも、見えない汚れが衣類に残ることもあります。
そのまま酸化して変色し茶色いシミができてしまいます。

以上が、黄ばみと茶色いシミができる原因でした。

よつば
よつば
服に洗い残しがないようにしっかりと洗い流さないといけないみたいですね。

 

黄ばみやシミができないように保管・防ぐ方法

しまっていた服を出して黄ばみや茶色いシミがあって、いやな気持にならないにように事前に防ぎたいですよね。

次は、保管・防ぐ方法について見ていきます。

保管・防ぐ方法
  1. 衣類の洗濯は洗い落としがないようにしっかり!
  2. 収納場所の通気をよくする。
  3. 湿気を抑えること。
  4. 防腐剤などをつかう。

①衣類の洗濯は洗い落としがないようにしっかり!

原因でも話しましたが、長期間に汗や皮脂など服についたままだと酸化します。酸化してしまうと汗や皮脂が変色し黄ばんだりシミができてしまいます。

また、汗(タンパク質)はカビの栄養になります。

なので、長期間保存をする服はしっかりと汚れを洗い落とすことがポイントです。

②収納場所の通気をよくする。

通気性の悪いところの長期保管もよくないみたいです。
なぜなら、カビの胞子は空気中に浮いていることが多から。
通気性の悪いところにカビが発生しやすくなります。

服の長期保管は、カビの胞子がとどまらないようよく換気をして通気性をよくするのがポイント。

③湿気を抑えること。

カビはジメジメした場所に生えるのは聞いたことありますよね。
なので、できるだけ湿気を抑え、カビの発生を防ぐとこが大事。
除湿機や防腐剤など湿気を取るアイテムをつかって、湿気を抑えるようにしましょう!

④防腐剤などをつかう。

服を湿気から守るには、タンスやクローゼットなどの衣装ケースの中に防腐剤を入れるのもありです。

防腐剤を入れることによってカビを発生しないようにします。
ただし、取替期間があるので取り替えを忘れないように注意!
以上が、黄ばみやシミができないようにする対策でした。

まとめ

これから服に黄ばみや茶色いシミを作らないようにするには
  • 服に汗や皮脂などが酸化しないようにしっかりと洗い落とす!
  • カビを発生しないように収納場所を換気したり湿気を抑えるようにする。
  • もし、黄ばみやシミできたとしても捨てないで漂白剤を使って汚れを落としてみる。

これからも、衣替えなどで服を出すときに黄ばみやシミをつけないように気を付けていきましょう!