生活全般

【おみくじ】公式の順位と読み方を調査!引く頻度にも決まりがある?

神社やお寺に行くと、ついついおみくじを引きたくなりますよね。

今回は、おみくじについて、公式順位読み方を調査。
また、おみくじを引く頻度に決まりがあるのかどうかも確認してみましょう。

よつば
よつば
大吉や凶以外の順位ってイマイチわからないですよね

おみくじの順位、公式ではどうなっている?

おみくじの正しい順位、みなさんは知っていますか?
特に「吉」が何番目に良い順位なのかわからない人は多いのではないでしょうか。

一般的に「おみくじ」は、個人の運勢や吉凶を占うために用いられているわけですが、種類もいろいろとあり、神社ごとに工夫も窺うことができます。その内容には吉や凶、または大吉・中吉・小吉・末吉という吉凶判断、金運や恋愛、せ物、旅行、待ち人、健康など生活全般に亙る記述を見ることができます。

引用:「神社本庁ホームページ」より

神社本庁のホームページには「大吉・中吉・小吉・末吉」の順番で記載されています。
ただ、これでは「吉」が何番目なのかわかりませんよね。

実は、神社本庁のこのページには、数年前まで「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶」と記載されていたようです。
なので、この順番が公式と考えて良いでしょう。

しかし、実際は神社やお寺によって順位が異なったり、吉凶の区分がもっと細かかったりするもの。

「吉」が「小吉」の次に来るところもありますし、「半吉」や「平」など独特な結果が出るところもあります。

そのためか、今では上記のような記述に変更されています。
神社本庁で決めつける形になってはいけないと判断されたのかもしれません。

というわけで、おみくじの正確な順位を知りたければ、おみくじを引いた神社で尋ねるのが確実
授与所の近くに掲示されている場合もあるので、尋ねる前に探してみましょうね。

 

よつば
よつば
吉凶の順位を気にするよりも、おみくじに書かれた和歌や漢詩から助言や戒めを読み取ることが大事なんです!

おみくじの順位の読み方は?

おみくじの順位の読み方で、たまにどう読んだら良いのかわからないものがありますよね。
いろんなおみくじの順位の読み方を調べてみました。

①半吉

はんきち、と読みます。
意味は「吉」の半分、順位としては吉と末吉の間くらい。

小吉よりも良いのか下なのかは、その神社やお寺によってまちまちなので、わからなければ聞いてみましょう。

半吉のおみくじは、以下の神社やお寺で引くことができます。
お寺でよく見られるようですね。

  • 成田山新勝寺(千葉)
  • 浅草寺(東京都)
  • 王子神社(東京都)
  • 高幡不動尊(東京都)
  • 川崎大師(神奈川県)
  • 善光寺(長野県)
  • 戸隠神社(長野県)
  • 熱田神宮(愛知県)
  • 清水寺(京都府)
  • 住吉大社(大阪府)
  • 青島神社(宮崎県)

②平

読み方は「たいら」で、「ひら」「へい」と読むところもあります。
また「平吉(へいきち)」とするところもあります。

順位としては、吉と凶の間。
意味は、良くもなく悪くもなく穏やかな状態を表します。

「平」のおみくじが出る神社は次の通り。
西日本の方に多いようですね。

  • 大宮氷川神社(埼玉県)
  • 太平山神社(栃木県)
  • 二荒山神社(栃木県)
  • 戸隠神社(長野県)
  • 住吉大社(大阪府)
  • 生國魂神社(大阪府)
  • 下鴨神社(京都府)
  • 伏見稲荷大社(京都府)
  • 石清水八幡宮(京都府)
  • 厳島神社(広島県)
  • 金刀比羅宮(香川県)
  • 青島神社(宮崎県)

③後吉

「のちきち」または「あときち」と読みます。
意味は、今の状況にかかわらず、いずれ吉になるということ。

「凶後吉(きょうのちきち)」が出るところもあります。
こちらは、今は良くないが、後から良くなっていくという意味です。

後吉や凶後吉のおみくじは、次のような神社にあるようです。

  • 鎌倉宮(神奈川県)
  • 伏見稲荷大社(京都府)
  • 城南宮(京都府)
  • 護王神社(京都府)
  • 和田神社(兵庫県)
  • 宇佐神宮(大分県)
  • 諏訪神社(長崎県)

④吉凶未分

こちらも珍しいおみくじ。
「吉凶未分」と書いて「きちきょういまだわからず」と読みます。
②の「平」と同じく、吉でも凶でもない、どちらにも転ぶ可能性があるという意味です。

「吉凶未分」が出る神社で代表的なところは、埼玉の大宮氷川神社や京都の伏見稲荷大社があります。

伏見稲荷大社はなんと17段階の結果があるのだそう。
吉凶未分以外にも、読み方や意味の難しい結果がたくさん!

その他読み方の難しい順位
  • 吉凶相半・吉凶相央(きちきょうあいなかばす)…吉と凶と半々
  • 吉凶相交末吉(きちきょうあいまじわりすえきち)…吉と凶のどちらも混ざっている状況だが、いずれ吉となる
  • 吉凶不分末吉(きちきょうわかたずすえきち)…今はわからないが、いずれ吉となる
よつば
よつば
平や後吉って、大吉よりもレアかも。
ある意味ラッキーなのでは(笑)

おみくじを引く頻度に決まりはある?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@landry.e.1234がシェアした投稿


おみくじを引く頻度は、どのくらいが最適なのでしょうか?

おみくじは引いたその時の運勢を占うものなので、年に何回引いても構いません
運勢は日々変わっていくので、極端な話、毎日引いても良いのです。

おみくじは、何を聞きたいか念じながらひくと良いとされていて、学業・恋愛など、聞きたいことが違う場合など、一度の参拝で何度引いてもかまわないとされています。

引用:「福島稲荷神社ホームページ」より

また、お願い事に対する回答として引く場合には、そのお願い1つにつき1回引くというのもありです。
つまり、同じ日に同じ場所で何度引いても良いということ。

ただし、同じお願い事や質問に対して何度も引き直すのは、神様からのメッセージを無視する形になってしまうのでやめておきましょう。

大吉が出るまで引くというのも、おみくじを引く本来の目的から外れているので、好ましいことではありません。

よつば
よつば
わたしは、パワースポット巡りをするときに、行く先々で引いています。
それぞれの神様からどんなメッセージがもらえるのか楽しみなんです♪

まとめ

おみくじ
  • 一般的な順位は「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶」
  • 神社やお寺によって「吉」の順位が違う
  • 吉凶の書かれていないものもある
  • おみくじを引く頻度に決まりはない

今回はおみくじの順位について調べました。
神社やお寺によっておみくじに個性があるのも面白かったです。

どんな結果が出ても前向きに受け止めて、日々の生活の中で生かしていけたらいいですね♪