生活全般

paypay銀行はメリットない?手数料は高いのかコンビニでの使い方も調査

2021年4月に旧ジャパンネット銀行が社名変更し、paypay銀行となりました。
ジャパンネット銀行といえば、ネットバングの草分け的存在です。

そんなpaypay銀行には「メリットない」「手数料高い」という噂があります。
今回は、paypay銀行のメリットやデメリット、コンビニでの使い方まで徹底調査します!

よつば
よつば
口座開設を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

paypay銀行はメリットがないなんて嘘!6つのメリットを調査

引用:paypay銀行

paypay銀行には「メリットがない」という噂があります。
しかし、実際はいくつものメリットがありました
そこでどんなメリットがあるのか、詳しく見てみましょう。

メリット
  1. スマホで簡単に口座開設できる
  2. 24時間365日いつでも取引可能
  3. Visaデビット付きキャッシュカードが発行される
  4. カードローンがアプリで完結
  5. 様々なキャッシュレス決済に対応している
  6. paypayマネーへの出金手数料が無料

①スマホで簡単に口座開設できる

運転免許証かマイナンバーカードがあれば、最短1日で口座開設できます!
手続きは、メールアドレスの登録と本人確認書類と顔の写真の提出、アプリのダウンロードだけです。

よつば
よつば
印鑑不要で開設できるのは嬉しいですね!

②24時間365日いつでも取引可能

paypay銀行はネット銀行なので、システムメンテナンスがない限り24時間365日取引が可能。
忙しくて銀行に行く暇がないという方も、待ち時間ゼロで利用できるのでとっても便利ですね!

③Visaデビット付きキャッシュカードが発行される

paypay銀行のキャッシュカードは、Visaデビット付きなんです!
そのため、世界中のVISAマークがついたお店で利用できます。
利用するとその場で口座から引き落とされるので、クレジットカードの様に使い過ぎてしまう心配もありません。

Twitterでも賞賛の声が聞こえました。

④カードローンがアプリで完結

なんとローンの審査申込から借入れまで、すべてアプリでできるんです!
返済日を事前にプッシュ通知で知らせてくれる、アプリならではの機能もあります。

よつば
よつば
急な出費の時も、スマホひとつで借入できるなんてすごく便利ですね!

⑤様々なキャッシュレス決済に対応している

引用:paypay銀行

対応キャッシュレス決済
  • PayPay
  • Google pay
  • LINE pay
  • メルペイ
  • Kyash
  • Pring
  • garmin pay
  • Fitbit pay

メジャーどころはもちろん、健康管理アプリのキャッシュレス決済まで幅広く対応していますね!

⑥paypayマネーへの出金手数料が無料

通常は1回の出金につき100円の手数料がかかるところ、paypay銀行なら何回でも無料で利用できるんです。
手数料がかからないのはpaypay銀行だけなので、最大のメリットとも言えます!

よつば
よつば
チャージしたけど使い切らなかった時、気軽に出金できるのは嬉しいですね!

paypay銀行2つのデメリット

デメリットについても見てましょう。

デメリット
  1. 他のネット銀行と比べて金利が低い
  2. 実店舗がないため、窓口相談できない

①他のネット銀行と比べて金利が低い

paypay銀行の普通預金の金利は、0.001%(2022年9月現在)。
他のネット銀行と比べると金利が低いことがわかりました。

【 ネット銀行の普通預金金利一覧 】

SBJ銀行0.02%
楽天銀行0.02~0.10%
オリックス銀行0.01%
東京スター銀行0.001~0.100%。
ローソン銀行0.001~0.15%
イオン銀行0.001~0.10%
新生銀行0.001%
ソニー銀行0.001%
セブン銀行0.001%
paypay銀行0.001%

金利で預金を増やしたいという方には、向いていないかもしれません。

②実店舗なく窓口相談ができない

paypay銀行には、実店舗がありません。
窓口で相談ができないので、ネット銀行に慣れていない方にとってはデメリットと言えます。

代わりに、電話もしくはチャットで問い合わせすることが可能!
ただし、対応時間が9時~17時と限られているので、注意が必要です。

よつば
よつば
デメリットよりも、メリットの方が多かったですね!

paypay銀行は手数料は高い?

paypay銀行の各種手数料は高いのかどうか、見てみましょう。

paypay銀行の入出金手数料

paypay銀行の入出金手数料は165円~330円とやや高めに設定されていました。
ただし、入出金金額が3万円以上だと無料に!

paypay銀行は専用のATMがないため、提携先銀行のATMを利用して入出金を行うことなるのです。
そこで提携先銀行ATMによって入出金手数料がいくらになるのが紹介します。

【入出金手数料】

3万円未満3万円以上
ゆうちょ銀行330円無料
セブン銀行など165円無料

毎月1回までは手数料が無料になるので、2回目以降は3万円以上で利用すれば、手数料がかからなくて済みます。

paypay銀行の振込手数料

振込手数料は、他のネット銀行と同じくらいの金額でした。

【振込手数料】

paypay銀行宛他行宛
paypay銀行無料145円

paypay銀行がコンビニでできることは?

一部のコンビニのATMでは、カード不要で入出金することが可能!
事前にPayPay銀行アプリでカードレスATMの設定をするだけで、次サービスがの利用が可能になります。

カードレスATM設定で利用できるサービス
  • 入金
  • 出金
  • カードローンの借り入れ
  • カードローンの返済

2022年9月現在対応しているコンビニATMは、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMの2つです。

よつば
よつば
今後、利用できるコンビニが増えるといいですね!

まとめ

いかがでしたか?
メリットないということは全くなく、むしろ沢山ありましたね!
簡単に口座開設できるので、気になっている方は是非利用してみてください。

よつば
よつば
paypayをよく利用している人は、口座開設して損はないと思います!