生活全般

卵の賞味期限切れ|1週間・2週間・1か月後いつまで食べられる?

が美味しく食べられる期間ってご存じですか?
期限を1週間過ぎても、2週間過ぎても食べられるという噂は本当です。

さらに期限を1か月過ぎた卵でも、ちゃんと食べられるということがわかりました。
賞味期限切れがどういう状態か、意外と知られていないようです。

今回の記事では、私達にとって身近な食材である卵が、一体いつまで美味しく食べられるのか調査します。

卵は賞味期限切れでも1週間・2週間後も食べられる?

卵は賞味期限を1週間過ぎても、2週間過ぎても加熱すれば食べられます!
では、加熱しなければ食べられないのはなぜでしょう。

卵には、0.003%の割合でサルモネラ菌に汚染された個体があります。
サルモネラ菌は食中毒の原因菌で、人が感染すると様々な症状が出るのです。

場合によっては、重篤化して命に関わることもありますので、注意が必要ですね。

サルモネラ菌の主な症状は、発熱、腹痛、下痢、嘔吐となっており、健康な成人であれば、水様性の下痢とそれに伴う脱水症状が起き、次第に回復します。
しかし子供や高齢者、免疫力が低下している方は菌血症(本来無菌の血管内に菌が入ること)や意識障害に陥り、0.1~0.2%ほどですが死亡例もあります。

引用 PANACEA サルモネラ菌の恐ろしい症状と感染しないための方法について紹介

しかし、サルモネラ菌は加熱することで死滅します。
しかも、70℃で1分以上(他の食物と一緒の場合は75℃で1分以上)と、とても簡単に死滅!

意外と知られていませんが、卵を生で食べる文化がある日本では、パック詰めされる前に様々な処理工程があります。

卵の処理
  • 洗浄
    産卵後、集められた卵は表面の汚れや雑菌が落とされた後、専用の機械で次亜塩素酸を使って洗浄されます
  • 透光検査
    洗浄後に乾燥工程を経た卵は、暗室で光を当ててレントゲンのように検査され、形の悪いものや血が混じったものは取り除かれます
  • コンピューター検査
    卵を1つ1つパソコンで画像処理をして、細かいヒビが入っているものが取り除かれます
  • 音波検査
    卵に振動を与え、発生した音響を分析して、ヒビが入っているものがさらに取り除かれます
  • 殺菌
    紫外線を使って卵の表面が殺菌されます
  • 目視
    パック詰めした卵を再度人の目でチェックし、箱詰めして出荷されます
よつば
よつば
賞味期限や保存状態に関わらず、卵黄がすぐに崩れたり異臭がしたりする卵は、食べるのNGですよー!

卵が賞味期限切れ1ヶ月後でも食べられる3つの理由

なんと、卵は季節や保存状態によっては、賞味期限を1ヶ月過ぎても食べられます!
卵って、生鮮食品なのに日持ちする食材だったのですね。

もちろん加熱は必須ですが、日持ちするポイントは卵に備わった防御機能にありました。

①卵の殻が細菌を通さない

卵の殻には細かい穴がたくさん開いていますが、殻に存在する「クチクラ」という成分が細菌を通さずに空気だけを通す役目をしています。

②卵殻膜が細菌の侵入を防ぎ温度管理する

卵殻膜の二層膜が細菌の侵入を防御!
膜同士の間に隙間を作って内部の温度調整をしています。

③卵白が殺菌の繁殖を防ぐ

卵白はアルカリ性で、細菌が繁殖しにくい環境です。
さらに殺菌作用のある「リゾチーム」という酵素を含んでいます。

よつば
よつば
捨てられてしまいがちなカラザには、「シアル酸」という抗ガン物質が含まれているので、ぜひ一緒に食べて下さい。

卵はいつまで食べられる?

それならば、結局のところ卵はいつまで食べられるのでしょうか?
ヒビの入っていない卵を冷蔵庫で保管すれば、2か月程度は食べられるようです。

しかし、気温に大きく左右されるようで、夏場は当然期限が短く、冬場は長くなります。
また、保存状態によっても変わるため、卵に最適な保存方法も調べてみました。

  • 尖った方を下にして冷蔵庫に入れる
    卵の丸い方には内部に隙間があり、尖った方が強度が高いです。
    ヒビ割れによる細菌の侵入を防ぐためにも、尖った方を下にして保存しましょう。
  • ドアポケットではなく庫内に置く
    開け閉めする度にドアポケットは温度が変化するため、庫内のできる限り奥に保存しましょう。
  • 茹でた状態で保存するのは日持ちしない
    殺菌作用のある「リゾチーム」という酵素は、加熱すると働かなくなってしまうため、茹でると2~3日しか持ちしません。
よつば
よつば
生食文化の無い他の国では、卵の賞味期限が半年以上の国もあるようです!

卵の賞味期限切れはどんな状態?

卵の賞味期限切れは、正確には賞味期限が切れていません。
表示されている賞味期限は、生で食べられる期限のこと

言い換えれば、賞味期限切れの卵でも加熱すれば食べられるということになりますね。
一般的にスーパーで売られている卵には、パック詰めされてから約2週間程度の賞味期限が表示されています。

つまり、卵を安全に生食できる状態が、表示されている賞味期限です。

よつば
よつば
安いとついつい買い過ぎちゃって、賞味期限内に食べきれないのぉー!

まとめ

今回の記事をまとめるとこんな感じです。

この記事のまとめ
  • 卵の賞味期限切れとは、生食ができる期限が切れた状態
  • 賞味期限切れの状態でも加熱すれば食べられる
  • 保存状態によっては、賞味期限を1週間過ぎても、2週間過ぎても、1ヶ月過ぎても食べられる可能性が高い
  • 卵の持つ防御機能を生かすには、卵に最適な状態で保存することが大切

賞味期限切れの卵を捨ててしまうことは、とてももったいない行為だったのですね!
フードロス削減を意識して、賞味期限に関わらず卵は美味しく食べられるということを忘れないで下さい。