生活全般

占いは噓くさいから信じない方がいい?占いが当たらない人の特徴は?

みなさんは占いを信じますか?

占いは嘘くさい信じない方がいいと思っている人も多いでしょう。
今回は、占いに関して、当たる人・当たらない人特徴や、占いと上手に付き合っていく方法を紹介します!

よつば
よつば
わたしもたまに占いを利用します。
どうせなら当たってほしい……

占いは信じないほうがいい?みんなの意見は?

占いについての調査結果は、ネット上でいくつか見つけることができます。
ある調査では、占いを「信じる」と答えた人の割合はおよそ7割でした。

占いを「参考程度に信じている」が72.2%、「全て信じている」が1.9%と「信じている」人を合わせると74.1%となった一方で、「全く信じていない」は25.9%となりました。

引用:「NEWSCAST」より

ただし、占いを完全に信じている人は少数。
ライトに信じている人が多いようですね。
また、男性よりも女性の方が占いを信じる人の割合が高いようですよ。

それでは、占いを信じない派・信じる派、それぞれの意見を見てみましょう。

占いを信じない方がいい

占いを信じないという人には、おもに次のような理由があるみたい。

占いを信じない理由
  • 当たらないから
  • 周りに当たっている人がいないから
  • 非科学的だから
  • 悩みや相談がない
  • 自分の人生は自分で決めるべき

占いが当たったことがないから信じないという人が多いようです。
確かに、当たった実体験がないと信じられないですよね。
また、そもそも占いに頼ろうと思わないという人も。

占いを信じる方がいい

では反対に、占いを信じるという人の理由を見てみましょう。

占いを信じる理由
  • 当たったことがあるから
  • 当たったという人の話を聞いたから
  • 自己分析に使える
  • 自己肯定感が上がるから
  • 不安が解消できるから

やはり、自分や周りの人が当たったことがあると、占いを信じやすくなるようです。
また、精神的な安定を求めて占いを信じて活用する人も多いようですね。

よつば
よつば
わたしはあんまり占いが当たったことがないけど、なぜか信じてしまいます(笑)

占いが当たらない人の特徴5つ

占いが当たらないという人には共通する特徴があるようです。
どんな人が当たらないのでしょうか。

①占いを信じていない

最初から「占いは当たらない」と考えている人は当たりにくいといいます。

占いをする前から疑問を持っていると、無意識のうちに占いで言われたことと反対の行動をしてしまうこともあるんだそう。
その結果「占いは当たらない」という確信を深めてしまいます。

②アドバイスに従わない

占い師からのアドバイスに従わない人も、当たる可能性が低くなるでしょう。
占い師は、状況の好転や望む未来に導くためのアドバイスをくれることが多いはず。
そのアドバイスに従えていないと、占いで言われたような結果に結びつかなくなってしまいます。

③占い師に情報を正しく伝えていない

占いが当たらない人は、占いに必要な情報を占い師に正しく伝えられていない可能性があります。

相談内容や状況を正確に把握してもらうために、細かい情報や状況説明は必要でしょう。
特に、生年月日や名前などの基本情報は大事です。

中には、占い師を試す目的で必要な情報を知らせなかったり、事実とは違う情報を伝えたりする人もいるようです。
しかし、せっかく占ってもらうのですから、精度の高い鑑定ができるよう占い師さんに協力したほうがいいでしょう。

④結果だけ聞いて満足している

占いの結果だけ聞いて何もしないと、当たるものも当たらなくなります。
自分の望む状況に持っていくための行動を起こさなければ、たとえ占いの結果が良かったとしても、叶う確率は下がってしまうでしょう。

⑤自分の期待する結果ではない

自分の望む結果と違うことを言われると「占いが外れた」と感じる人もいるようです。
本当に事実と違うのか、単に自分の理想でなかっただけなのか。
占いが外れたと思ったら、冷静に判断する必要がありますね。

よつば
よつば
当たらない原因がわかった気がする……
わたしにはアドバイスに従う行動力が足りなかったのかも。

占いが当たる人の特徴3つ

反対に、占いが当たる人にはどんな特徴があるのでしょうか?
占いは好きだけどなかなか当たらない……という人は、ぜひ参考にしてみてください。

①結果を素直に受け取る

占いを信じ、その結果を素直に受け取ることができる人は当たりやすいようです。
素直に受け止めることができる人は、占いで言われた通りに行動できることが多いからでしょう。

②行動力がある

素直に結果を受け止めた上で、行動を起こして頑張れる人は、占いが当たる確率が高くなるようです。

例えば「今年は異性とのいい出会いがある」と占いで言われたとします。
何もせずに待っているより、合コンやイベントに参加するなど人と会う機会を自分で増やした人の方が当たる確率は高くなりますよね。

また、そもそも占いは当たるものではなく、自分から当てに行くものだという人もいます。
望む未来が実現できるよう、自分でも動くことが大切なんですね。

③相性の良い占い師と出会えている

自分と相性の良い占い師と出会っているかどうかも、占いが当たるための重要な要素かもしれません。

評判の良い占い師でも、自分には当たらないと感じることもあります。
反対に、あまり知られていない占い師のアドバイスがしっくりくることもあります。

困った時に頼りになる、話をすると元気になれるなど、鑑定してもらうと明るい気持ちになれる占い師と出会いたいものですね。

よつば
よつば
わたしはチャットアプリの占いを利用してます。
気軽にいろんな占い師さんの鑑定を試せるので楽しい♪

占いと上手に付き合う心構え3つ

「当たるも八卦当たらぬも八卦」という言葉があるように、占いは100%的中するわけではありません。
占いに振り回されずに、上手に使うための心構えを紹介します。

①いいことは信じ、悪いことは忠告だと思う

占いでいい結果が出れば嬉しいし、悪い結果だとショックを受けてしまうもの。
でも、占いの結果に気持ちを振り回されすぎないのも大切です。

いい結果は信じて、悪い結果は信じない。
そのくらい軽く受け止めるのが、占いと上手に付き合っていくコツ。

悪い結果は「そうならないように気をつけよう」という忠告だと思えば、がっかりしなくなるでしょう。

②プラス思考で解釈する

占いの結果は、プラス思考で捉えることが大事。
「こうしないと悪いことが起こる」ではなく「こうすれば好転する」と、前向きな言葉で受け止めましょう。

このツイートのように「占いが外れたのは、自分で選択する必要があったからだ」と外れたことすらも前向きに考えられると素敵ですね。

③依存しない

https://twitter.com/__mmm22_/status/1561734281470570496

占いをするときに一番大事なのは、占いに依存しないこと。

悩みがあると占いに頼りたくなってしまう気持ちもわかります。
しかし、占いはあくまで、悩みや問題解決のためのヒントや指針です。
占いで言われた通りにすれば必ずうまくいくというわけでもありません。

最終的に自分の行動を決めるのは自分自身だということを覚えておきたいですね。

また、自分の望む結果が出るまで何度も占ったり、占い師を渡り歩いたりする「占いジプシー」にならないよう気をつけましょう。

よつば
よつば
やっぱり「いいことだけ信じる」っていうのが一番!
占いに自分の人生をコントロールされないように気をつけなきゃ。

まとめ

占い
  • 占いを信じている人は7割ほど
  • 占いを信じてアドバイスに従う人は当たりやすい
  • いい結果は信じ、悪い結果は忠告だと思うのが大事
  • 占いに依存しすぎない
  • 最終的に自分の人生を決めるのは自分!

占いは、迷った時に背中を押してもらったり、元気が出ない時に前を向けるように助けてくれるもの。
上手に利用して、人生をよりよいものにしていきましょうね!