食事・身体作り

グラニュー糖と砂糖の違いって何?成分や大きさについても徹底調査!

今回の記事では、グラニュー糖砂糖違いについて調査します。
両方とも、料理やお菓子作りに使われる調味料です。

しかし、成分の違いを知っている方は少ないのではないでしょうか。
また、正しく理解して実際に使い分けている方は、料理の専門家かもしれませんね。

一見、粒子の大きさは違いますが、それで何が変わるのかについても調べてみます。
私達に身近なグラニュー糖の意外な側面が見えてくるかもしれません。

よつば
よつば
グラニュー糖って粒状で、むしろ塩に似ていると思うのは私だけ…?

グラニュー糖と砂糖の違い4つ!


砂糖と一口に言っても、甘味の種類は豊富!
用途や製造工程によって呼び名も変わります。

【グラニュー糖と砂糖の違い4つ】

  1. 甘味の感じ方
  2. 適した料理
  3. 重さ
  4. 添加物の有無
甘味の感じ方
  • グラニュー糖:素材の味を邪魔しない、淡白でクセがない甘味
  • 砂糖:コクのある強い甘味
適した料理
  • グラニュー糖:軽い焼き菓子・焼き色を付けたくないお菓子
    (ホイップクリームやメレンゲ、コーヒー紅茶)
    (ビスケット、スポンジケーキ)
  • 砂糖:焼き色をつける料理
    (煮物や煮魚など)
    (和菓子やカステラ)
重さ
  • グラニュー糖:大さじ1で12g
  • 砂糖:大さじ1で9g
添加物
  • グラニュー糖:添加物なし
  • 砂糖:ビスコという転化糖液による添加物あり

共通点は、両方とも成分が「甜菜(てんさい)」や「サトウキビ」から抽出してるという事!

よつば
よつば
転化糖液のビスコには吸湿性があり、お菓子をしっとりとした状態に保つことができます。

グラニュー糖と砂糖の成分

砂糖もグラニュー糖も成分は概ねショ糖です。
サトウキビが砂糖になるまでには様々な工程があります。

それにより成分が変わってくるようです。
ショ糖の精製度が高いため、グラニュー糖も砂糖も結晶は無色透明。

黒砂糖やきび砂糖は、ミネラルを取り除かれていないので黒っぽかったり茶色っぽかったりします。

成分の違い

グラニュー糖  ショ糖99.95% 還元糖0.01% 水分0.02%

砂糖      ショ糖97.80% 還元糖1.30% 水分0.8%

よつば
よつば
グラニュー糖や砂糖は結晶が無色透明ですが、光が反射して白く見えているのです!

グラニュー糖と砂糖の大きさ

グラニュー糖と砂糖の粒子の大きさを比較してみると、砂糖の方がやや小さいようです。
これにより、適した使い方も違ってくるのですね。

粒子が細かいほどダマになりにくく、溶けやすくなります。

粒子の大きさ

グラニュー糖  0.5mm

砂糖      0.2~0.3mm

よつば
よつば
グラニュー糖には、目の細かい「細目グラニュー糖」というものもありますよ。

グラニュー糖とは

グラニュー糖とは、精製したショ糖を細かい粒状に結晶させたものを指します。
原料はサトウキビや甜菜(てんさい)などの植物。

【ショ糖】

  • 砂糖の主成分。
  • サトウキビなどから抽出し、純度を高めて結晶化したもの。
  • ショ糖の結晶を大きく成長させると氷砂糖になる。
  • 170度に加熱するとプリンのカラメル(褐色物質)になる。

ショ糖の純度が高く、上白糖よりもサラサラしているのが特徴。
クセが無いため、料理に使用しても風味を邪魔せずに甘くできるのです。

「グラニュー」という言葉は、英語で「粒状にした」という意味を持つそう。
液体に溶けやすいので、飲み物の甘味料として使われています。

よつば
よつば
飲み物に入れる際にはカロリーオーバーに気を付けましょう!

砂糖とは

砂糖の原料はグラニュー糖と同じです。
諸外国では砂糖と言えばグラニュー糖なのに対し、日本では上白糖が一般的。

和食では、煮物に味を染み込ませる役割を担っています。
砂糖は、ショ糖にビスコと呼ばれる転化糖液をふりかけて作られるもの。

ビスコとは…ブドウ糖と果糖の混合液・添加物

この転化糖を加えたものを甘味料として利用するのは、アジアの一部のみだそう。
砂糖は表面に水分を含み、しっとりとした感触が特徴です。

甘い味の染み込んだ煮物って、日本人が好きな味!

さらに、重量が違うことによるカロリーの違いが挙げられます。

グラニュー糖大さじ1(12g)あたりのカロリーは46kcal。
対して砂糖大さじ1(9g)あたりのカロリーは35kcal。

よつば
よつば
全く同じ原料から作られているのに、似ているようで意外と違うのですね!

「砂糖」の悪影響

砂糖のとり過ぎが良くないことは、誰でも知っています。

  • 虫歯や肥満の原因
  • 血糖値を急激に上昇させる
  • 老化を早める

他にも様々な弊害がもたらされる様です。
なるべく取り過ぎない様に、きちんと計量しましょうね♪

まとめ

この記事についてまとめます。

この記事のまとめ
  • グラニュー糖も砂糖も原料はサトウキビなどの植物のしぼり汁
  • グラニュー糖は世界的に一般的な甘味料
  • 日本ではグラニュー糖よりも砂糖の方が一般的
  • 成分はグラニュー糖の方が純度が高い
  • 砂糖の方が粒子が細かく、溶けやすい性質

 

今まではグラニュー糖も砂糖も、甘味料として同じように使用してきました。
料理やお菓子作りが好きな方は、ぜひ、それぞれの特徴を生かして使い分けてみて下さい。

よつば
よつば
レシピの幅がさらにグっと広がるかもしれませんね。