旅行・観光

祇園祭はどんな祭り?祭りの特徴3つと誰が作ったか?などルーツを徹底調査!

祇園祭は全国的にも有名な京都の伝統的なお祭りです。
しかし、名前は知っているけれどどんな祭りなのか、いざ説明するのは難しいですよね。

せっかく祭りに行くのならば、その祭りの歴史なども知った上で余すところなく楽しみたいと思いませんか?

そこで、祭りの特徴誰が作ったものなのかなど、祇園祭の基本的な情報をご紹介します!

祇園祭とは?

日本三大祭の一つに数えられ、1000年以上の歴史がある八坂神社の祭礼です。
毎年7/1〜7/31の間に多彩な祭事が執り行われる京都の夏の風物詩となっています。

メインの見所はやはり山鉾(やまほこ)巡行。
豪華絢爛な山車(だし)が街中を巡る様子は、まさに圧巻です!

山車はあまりの美しさに「動く美術館」とも称され…
そしてユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

山鉾巡業は17日の前祭(さきまつり)と24日の後祭で行われます。
その宵山(よいやま)といわれる前夜祭も大変人気です!

日が暮れて提灯(ちょうちん)灯りの中「コンチキチ」という祇園囃子(ぎおんばやし)。
太鼓と笛、鉦(かね)の三楽器のリズムが、聴こえてくる賑やかなお祭りです♪

「これぞ京都!」と日本が誇る風情のある光景…目に浮かびませんか?

他にも山建てや花笠巡行など、1か月を通して楽しめるポイントはたくさん!
7月の京都は、毎年多くの観光客で賑わいます。

祇園祭のおおまかな祭事日程
  • 7/1:吉符入り(神事始めの諸事打ち合わせ)
  • 7/2:くじ取り式(山鉾巡行の順番決め)
  • 7/10〜11:前祭(鉾建て)
  • 7/11〜14:前祭(山建て)
  • 7/12〜13:前祭(山鉾曳き初め・舁き初め)
  • 7/14〜16:前祭宵山・屏風祭
  • 7/17:山鉾巡行・神幸祭
  • 7/18〜21:後祭(山鉾建て)
  • 7/20〜21:後祭(山鉾曳き初め・舁き初め)
  • 7/21〜23:後祭宵山・屏風祭
  • 7/24:山鉾巡行・花笠巡行・還幸祭

よつば
よつば
日本の伝統を受け継ぐお祭り、一度は見てみたいですよね!

祇園祭3つの特徴を解説!

祇園祭の特徴ともいえるポイントを3つにまとめました。

祇園祭の3つの特徴
  1. お稚児さんの注連縄切り
  2. 山鉾の美しさと力強さ(宵山・辻回し)
  3. 祇園名物食べない粽

①お稚児(おちご)さんの「注連縄(しめなわ)切り」

お稚児さんとは、巡行の先頭に立つ長刀鉾(なぎなたほこ)に乗る子供のことです。
神の使いとして、結界を解き放つ大役を務めます。

お稚児さんによって山鉾巡行の口火が切って落とされるのです!
その瞬間を見逃すわけにはいきませんよね。

神聖な存在としての、お稚児さんは地面に足をつけてはいけません。
ですから、移動はおんぶや馬に乗って行います。
観客も特別な空間に居合わせている気持ちになりますよ!

②山鉾の美しさと力強さ「宵山・辻回し」

山鉾は現在33基あります。
それぞれに御神体が祀られていて、ご利益も違います。

それぞれの町が趣向を凝らした豪華絢爛な山鉾。
宵山で提灯灯に照らされると、とても幻想的な雰囲気です♪

また宵山では屋台もたくさん出ますよ!
見て楽しい、食べて美味しいなんで最高ですね(笑)

そしてなんといっても、山鉾巡行の辻回しははずせません!
一番の見せ場」と言われてます。
10トンもある山鉾の向きをグルリと90度方向転換させると、拍手喝采!迫力満点!

観客も一緒に声かけができるので、一緒に参加している気分になれて楽しいですよね♪
しかし、必ず1回で回り切れるとは限りません。

なかなか上手くいかない様子にハラハラしたり、思わず頑張れー!と応援したくなったり…
祇園祭を一番身近に感じられるところかもしれませんね。

③祇園名物「食べない粽(ちまき)」

粽(ちまき)と聞くと…笹に包まれた三角形のもち米を想像しますよね。
祇園祭の名物の粽は、食べない粽・厄除けのお守りなんです。

玄関先に飾るのが良いとされてます。
宵山で購入できますが、すぐに売り切れてしまう様です。
欲しい人は、見つけたら迷わず即購入!(笑)

ちなみに…粽も各山鉾によりご利益が違うのだそうです。
自分の授かりたいご利益のある山鉾探し、なんてのも楽しみ方の一つです。
「食べられる粽」も売ってます♪

よつば
よつば
粽をゲットできただけで既にご利益ありそう!

祇園祭は誰が作った?ルーツを解説!

長い歴史がある祇園祭ですが、その始まりは全国に流行った疫病を鎮めるためでした。

平安時代前期の869年に深刻な疫病が全国に広がり、人々はこれを神の祟りだと考えたそうです。
そこで、卜部日良麿(うらべのひろまろ)という人物が病魔退散を祈願し祇園御霊会(ごりょうえ)をとり行いました。

御霊会では、当時の国の数と同じ66本の鉾に悪霊を移して穢れを払おうとしたといわれています。
これが祇園祭の起源です。

卜部日良麿については詳細はあまりわかっていませんが、占いに優れた貴族だったそうですよ。

当時の日本では占いは政にも関わる重要なものでした。
よって、占いに長けていた卜部はそれなりの権力者であったのではないかと考えられます。

そんな人だったからこそ、全ての国の悪霊を鎮めるという大掛かりな催しもできたのかもしれませんね。

ちなみに卜部が執り行った御霊会は、66本の鉾を立て神輿を神泉苑(平安京に隣接して造られた天皇のための庭園)に送るというシンプルなものでした。

現在の祇園祭のように豪奢に飾られた山鉾の文化は室町時代からといわれています。
町衆が発達し、それぞれの町が自分たちの力を見せつけるために趣向を凝らし、豪華になっていったようです。

よつば
よつば
歴史的背景を知ると、祭りも違った見方ができそうですね。

まとめ

祇園祭とは
  • 京都の夏を象徴する伝統的な祭り
  • 豪華絢爛な山鉾巡行や宵山は必見!
  • 祇園祭の粽はお守り
  • 疫病を鎮める為に行った御霊会が起源

いかがでしたか?
起源や特徴など、簡単な説明ではありましたが参考になれば幸いです。

どんなものでもそうですが、祇園祭にも楽しみ方のルールはありません。
祇園祭のどんな所に興味を持って、何を楽しみにするかは人それぞれでいいと思います。

自分の好きな楽しみ方で年に一度の盛大なお祭りを満喫してくださいね。