旅行・観光

ねぶた祭り2022の日程や観覧席・ツアーと弘前のねぷたも調査!

ねぶた祭りといえば「青森ねぶた祭」。
今年2022年の開催日程はどうなっているのでしょうか。
観覧席の有無や料金も気になるところです。

祭りのツアーなども企画されているのでしょうか。
楽に旅行出来たら最高ですよね。

また、弘前にもねぶた祭りと似ている祭りがあるとの情報も。
青森ねぶた祭との違いは何でしょうか?

青森ねぶた祭り2022の日程

3年ぶりに開催が決定した「青森ねぶた祭」。
2022年8月2日(火)から7日(日)の日程で、青森市中心部の青森駅前を拠点とし開催されるようです。

具体的な運行スケジュール(予定)はこちら♪

  • 2日・3日(夜):子供ねぶた、大型ねぶたの運行…19時より
  • 4日・5日・6日(夜):大型ねぶたの運行…18時50分より
  • 7日(昼):大型ねぶたの運行…13時から15時まで
  • 7日(夜):青森花火大会・ねぶた海上運行…19時15分より20時45分まで

7日の夜に行われる青森花火大会は、ねぶたと花火を同時に楽しめることで有名です。
青森港内の海上を行き交うねぶたと大輪の花火が、日本の夏を彩ります。

会場周辺まで行けなくても、自宅で楽しめる「ライブ配信」も行われるようですので、ぜひチェックしてみてください♪

よつば
よつば
ようやく日本のお祭りが戻ってくるのね!

青森ねぶた祭り2022に観覧席はある?

新型コロナウイルスの感染状況によって内容が変わることもありますが…
今年2022年の青森ねぶた祭には、観覧席が用意されているようです。
但し、全席指定席となっています。

10人以上の団体向けは、4月21日より二次募集の受付が既に始まっているようです。
そして、9人以下の個人観覧席は7月1日(金)9時より販売が開始されます。

個人向けの公式案内がこちら♪

8月2日~6日の各日と、7日(昼ねぶた運行、昼ねぶた&夜花火大会セット券)の観覧席券を販売します。(お一人様1~9枚まで購入可能)

8月2日~6日分の観覧席
①チケットぴあ、ローソンチケット … 7月2日(土)10時より販売
②青森ポータルサイト ポみっと!チケット … 7月2日(土)10時より販売

8月7日の観覧席(昼ねぶたのみ、または、ねぶた(昼)&花火大会(夜)セット券)
青森観光コンベンション協会で電話・窓口受付 … 7月1日(金)9時より販売

車いす専用席(8/2から6、7(昼)分)
青森観光コンベンション協会で電話・窓口受付 … 7月4日(月)9時より販売

引用元:青森ねぶた祭 公式案内サイト

日によって受付窓口が異なるようですので、注意が必要です。

また、新型コロナウイルス感染拡大と混雑回避のために、観覧席の設置場所が指定されています。

引用元:青森ねぶた祭 公式案内サイト

青森市役所側の国道車道(図の青い部分)にはイスが設置されますが、歩道には設置されません。
一方、八甲通り、新町・本町通り、平和公園通り(図の赤い部分)には、従来通り歩道にイスが設置されるようです。

国道歩道には有料観覧席を設置せず、立ち見スペースや歩行者通路とすることで、会場の全体的な混雑を緩和する狙いがあるとのこと。
気持ちよく観覧できるように、ルールを守って参加するように心掛けましょう。

腰を据えて思う存分楽しみたい方は、ぜひ指定席の購入を検討してみてはいかがでしょうか♪

よつば
よつば
生のねぶたは迫力がありそうで楽しみだわ!

青森ねぶた祭り2022のツアー

久しぶりの開催となる青森ねぶた祭。
ぜひ多くの方に青森まで足を運んでほしいですが…
個人で行くとチケットの手配やホテルの確保が面倒ですよね。

そんな方々には、ツアー会社が企画している「青森ねぶた祭ツアー」がオススメ♪

首都圏発の東北新幹線で行く観覧席付きツアーや、青森酸ヶ湯温泉の宿泊と青森ねぶた祭桟敷席のセットなどなど。

残り僅かになっていますが、まだ間に合いそうです。
気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

よつば
よつば
ツアーの方が楽で良いのよね。わたしも探してみようかしら♪

弘前の「ねぷたまつり」

引用元:弘前ねぷたまつり 公式WEBサイト

実は、青森ねぶた祭の他に「弘前ねぷたまつり」もあるんです。
開催期間はこちら。

開催期間:令和4年8月1日(月)か~8月7日(日)
■8月1日~4日 : 土手町コース PM 7:00~
■8月5日・6日 : 駅前コース PM 7:00~
■8月7日(なぬか日):土手町なぬか日コース AM10:00~

引用元:弘前ねぷたまつり 公式WEBサイト

開催場所は、弘前駅前と弘前市土手町が中心となっているようです。
弘前ねぷたまつりも、青森ねぶた祭と同様に「重要無形民俗文化財」として指定されています。

こちらの祭りも有料の観覧席が購入可能で、販売開始は7月上旬の様子。
興味のある方は、公式WEBサイトのチェックを忘れずに♪

「ねぶた」と「ねぷた」

気になった方もいると思いますが、実は「ねぶた」と「ねぷた」の二種類が存在します。
発音が少し異なるようです。
詳しくは分かっていませんが、方言の違いではないかと広く言われています。

青森県内には津軽エリアと下北エリアにわたって伝統的に「ねぷた・ねぶた」があり、それぞれのエリアで祭りに特徴もあります。

引用元:オマツリ ジャパン

また、祭りに登場する灯篭の形にも違いがあるようです。
立体的な人形の灯篭(人形ねぷた)が青森ねぶた。
絵が描かれた扇形の灯篭(扇ねぷた)が弘前ねぷたとされています。

弘前でもかつては人形ねぷたをずっと継続していましたが、色んな理由からいつしか扇ねぷたが中心となっていったようです。

さらに、祭り本番にも違いがあるそう。
それは「跳人(はねと)」と呼ばれる踊り子の存在の違いです。

青森ねぶたは跳人が存在し、決まった衣装を着て登録さえすれば、誰でも祭りに自由参加できるんだとか。

一方、弘前ねぷたは跳人がなく、基本的には地域の子どもが踊り子として参加するんだそうです。

ツアーで参加しよう

そんな2つの伝統的な祭りの両方に参加したい方には、観覧席付きのツアーがオススメ!
弘前市と青森市の両方へ行けて、一気に2つの祭りが楽しめます

規模の大きさと人形型の山車が見事な「青森」と扇形、組型の山車の「弘前」。大きな2つの型の双璧と言えるでしょう。この2つの「ねぶた祭」を同時にご覧いただける贅沢な旅です。
集合場所:新青森駅
出発日 :7月31日

引用元:ワールド航空サービス

青森ねぶた祭と弘前ねぷたまつりの両方に合わせたプランです。
旅行中に2つとも鑑賞でき、さらに津軽鉄道に乗ったり青森県立美術館も行けたりする行程になっています。

この夏、青森への旅行を考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

よつば
よつば
今年は青森旅行で決まりね♪

まとめ

青森ねぶた祭 まとめ
  • 2022年8月2日(火)から7日(日)まで
  • 観覧席は全席指定で事前予約可能
  • 観光会社から観覧席付きツアーが企画されている
  • 「弘前ねぷたまつり」も8月1日から7日の日程で開催予定
  • 2つの祭りを観覧できるお得なツアーがある

新型コロナの影響で2年間開催できなかった青森ねぶた祭。
他にも中止になった祭りは全国各地にあることでしょう。

感染が落ち着いた今年2022年は、中止となった年の分まで大いに楽しんで、素敵な思い出を残しましょう♪