旅行・観光

サマソニ2022大阪の出演者は誰?アクセスや駐車場まで徹底調査!

大型音楽フェス「SUMMER SONIC 2022」が開催されることとなりました。

2019年から3年越しの待望の開催ですよ!
8月20(土)、8月21(日)と熱い2日間が東京と大阪で行われます。

今回はサマソニ2022大阪公演の気になるヘッドライナーから全出演者まで調べてみました。

また会場までのアクセス駐車場ってどうなっているのかもご案内したいと思います。

大阪サマソニ2022の出演者は誰?

やはりライブイベントで気になるのは出演アーティストですよね。
サマソニ2022は2日間の開催です。

ステージも分かれているので、たくさんのアーティストが出演することになります。
大阪公演はオーシャン、マウンテン、ソニックと3つのステージとなっていました。

2022年8月20日(土)出演アーティスト

初日の出演者です。

「オーシャンステージ」
POST MALONE/ONE OK ROCK/MEGAN THEE STALLION/YUNGBLUD/KREVA/THE STRUTS/BE:FIRST

「マウンテンステージ」
KASABIAN/ASIAN KUNG-FU GENERATION/KULA SHAKER/milet/TOMORROW X TOGETHER/INHALER/EASY LIFE

「ソニックステージ」
CARLY RAE JEPSEN/CL/きゃりーぱみゅぱみゅ/ゲスの極み乙女。/GRIFF/ちゃんみな/SALEM ILESE/(sic)boy

 2022年8月21日(日)出演アーティスト

2日目日の出演者です。

「オーシャンステージ」
THE 1975/King Gnu/MÅNESKIN/THE LIBERTINES/My Hair is Bad /RINA SAWAYAMA/BEABADOOBEE/Mrs. GREEN APPLE

「マウンテンステージ」
YOASOBI/THE OFFSPRING/Ken Yokoyama/FISHBONE/ALL TIME LOW/04 Limited Sazabys/THE LINDA LINDAS

「ソニックステージ」
ST.VINCENT/KACEY MUSGRAVES/Nulbarich /SPARKS/Awesome City Club/SQUID/ALI

これは迷ってしまいますね!

20日のヘッドライナーは世界的スーパースター「POST MALONE」。
サマソニ初登場なので、大注目のアーティストです。

また21日のヘッドライナーの「THE 1975」も、デビュー以来サマソニとともに駆け上がってきたアーティストです。
熱いライブに期待が持てますよー♪

さらに!
日本で大人気の「YOASOBI」もマウンテンステージでのヘッドライナーとのこと。

わたしもYOASOBIの曲は好きでよく聞いていますが、生で聞く音楽はさらに心に響きますよね。

フェスの良さは何しろ臨場感!
感性も心も磨いてくれそう♪

コロナ渦でアーティストの出演が心配でしたが、これだけ素晴らしいアーティストが集まってよかったですよね。

久々の開催ですし、きっと大盛り上がりですよ。

よつば
よつば
サマソニ行きたいなー。想像するだけでテンション上がっちゃいます♪

大阪サマソニ│公共交通機関を使った2種類のアクセス方法

サマソニ2022大阪は舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)で開催されます。
公共交通機関でのアクセス方法は、基本的に2種類となります。

  1. 公共交通機関(地下鉄)+有料シャトルバス
  2. ツアーバス

①公共交通機関(地下鉄)+有料シャトルバス

最寄り駅は地下鉄コスモスクエア駅(南港)となります。
サマソニ特設会場までは駅から有料シャトルバスが出ると公式HPに載っていました。

サマソニ開催時はいつもシャトルバスが出ています。
運営側も慣れているので、問題なく運行すると思われます。

やはり公共交通機関は遅れたりしないので安心ではありますよね。

だたものすごーく混雑します。

開場直前だと満員ですぐに乗れないこともあると考えておきましょう。
思っている以上に早めに出発するのをオススメします。

②ツアーバス

ツアーバスは旅行会社が企画しているものです。
地方から現地まで1本で行けるので、楽なんじゃないでしょうか。

日帰りや片道や宿泊などさまざまなプランがありました。
最近のバスはトイレも付いていて、快適と聞いたことがありますよ。

公共交通機関よりお高いかもしれませんが、わたしならツアーバスを選んじゃうかも。

ちなみに遠方の方は飛行機のプランもあるので、行き方を探すのが大変という人には良さそうですよ。

コロナ渦とはいえ、外出制限などがなくなっているので人手は2019年の時と変わらないと考えていいかもしれません。
2019年のサマソニでも3日間開催でしたが、来場者数は12万人を超えていたそうです。

今回は3年ぶり。

待ちに待っていました!
という人も多いでしょうから、余裕をもって会場に行きましょう。

よつば
よつば
人が多くて大変だけど、たくさんの人と楽しめるのも醍醐味ですよね

大阪サマソニに車でアクセスした場合の駐車場について

過去のサマソニでも車で来る方も多くいたみたいです。
今年の駐車場はどうなっているのか、わかる範囲で調べてみました。

2022年の公式HPでは駐車場については案内がなく、今のところ「公共交通機関をご利用ください」とのお知らせのみでした。

2019年でのサマソニでは舞洲スポーツアイランドの隣に夢洲に臨時駐車場が設置されていました。
今年もあるのかな?と思ったのですが、どうもまだわからないようでした。

というのも、夢洲で2025年に大阪万博の開催が予定されているのです。
夢洲以外の駐車場で一旦探す方が良さそう。

会場周辺は海遊館などもあり、観光地ではあるので駐車場が多くありました。

コスモスクエア駅周辺の駐車場
タイムズコスモスクエア第3
タイムズコスモスクエア第4
タイムズコスモスクエア第5
タイムズコスモスクエア海浜緑地前
タイムズインテックス大阪前

その他駅・観光地などの駐車場
大北港駐車場
Dパーキング大阪舞洲
築港第1駐車場
海遊館付近駐車場
大阪港駐車場
安治川口駅周辺駐車場
西九条駅周辺駐車場

ただ開催地の舞洲スポーツアイランドは港の埋立地なので、道がたくさん通っているわけではありません。
逃げ道も多くないので渋滞は必須です。

予想以上に多くの人が来るので駐車場も早めにいっぱいになりそうですよ。

もしかしたら思った以上に遠い駐車場なるかも。
その場合は遠い駐車場に停めて、公共交通機関やシャトルバスがいいかもしれません。

車でも遅れないよう前もって下調べをして、早めがいいでしょう。

よつば
よつば
車は楽ですよね。みんなを会場で降ろしてドライバーさんだけ駐車場から、という手もあります。うちの場合、ドライバーはパパですね。

まとめ

サマソニ2022大阪についてまとめてみました。

まとめ
  • サマソニ2022は2日間開催
  • 大阪は3つのステージがある
  • ヘッドライナーは「POST MALONE」と「THE 1975」
  • 会場近くの駅は地下鉄コスモスクエア駅(南港)
  • 駅から会場まで有料シャトルバスがある
  • ツアーバスという手もある
  • ものすごく混雑・渋滞する
  • 観光地なので駐車場は多い

3年ぶりのサマソニは多くの人が楽しみにしていました。
音楽フェスは夏の大イベントのひとつですよね。

混雑が心配ではありますが、コロナ渦を超えてたくさんの人と楽しめる夏がやってきたんだなと感じます。

アクセスや駐車場などしっかり下調べをして、心配なく行けるといいですね。
ぜひアツい夏をお過ごしください!