お知らせ [ 2016.04.20 ] iPhoneアプリ「JouleLife」でも健診データ管理が可能に!

wellcanからのメッセージ

ずっと寄り添うwellcan 100万人データをあなたのミカタに

「自分の位置を知る」ことから始める健康管理

年を重ねるとともに、体調が悪くなったり身体にガタがきて病気になったり、ということは潮の満ち引きにちょっと似ていると思いませんか?
遊んでいたら、いつの間にか潮が満ちてきてあわてた経験がある、という方も多いのでは…。
「潮は時間の経過とともに満ち引きする」ということはもちろん知っているのだけれど、磯遊びに夢中になってしまうと、いま自分のいる場所や、時間の経過などをうっかり忘れてしまう…大人の私たちでさえ、時間の経過とともに、いま自分のいる場所がどこなのか不安になるという体験は誰しもお持ちでしょう。

心身も年齢とともに確実に変化していく —— まずはそれを知ることが健康管理を進める上でとても重要なことです。そして、自分と同年代の身体の傾向や健診値、様々な症状を知っておくことも大切なこと。同年代の傾向と自分の状態を比べてみることで、加齢とともに起こり得るリスクを少しでも防ぐ足がかりになることは間違いありません。

また、健診値は基準値だけではなく、自分の数値の推移(経年変化)を知ることも大事です。普段の数値から大きく外れていたら、それは身体が出した要注意サインです。

wellcanでは、あなたの健診値(健康データ)を100万人データと照らし合わせることで、自分の現在の健康状態=位置と、これから将来どこで潮が満ちるのか=将来の健康リスクがどの程度なのか、経年変化から見える要注意サインはあるのか、を分析・グラフ化します。

潮が満ちるなら早めに陸に移動する、またそこに留まる準備をあらかじめする。人それぞれ。健康づくりも自分の位置がわかれば、それぞれに合った方法を選ぶことができます。
まずは自分の位置を知り、これからの健康づくりを考えることをオススメします。

健診機関提携サービスのご案内はこちら
100万人データをあなたのミカタに。
wellcanから新しい健康管理をはじめましょう。