生活全般

洗濯槽クリーナーの代用はワイドハイターとパイプユニッシュで!重曹とクエン酸はなぜ不向き?

「洗濯槽を掃除しようと思ったら、洗濯槽クリーナーを切らしてた!」
そんなとき、実はどこの家庭にもあるワイドハイターパイプユニッシュ代用できちゃうってご存知でしたか?

というわけで今回は、洗濯槽クリーナーの代用になる洗剤についてまとめました。
重曹クエン酸が代用に不向きな理由や、洗濯槽をキレイに保つコツについても解説しています。

興味のある方はぜひ最後まで読んでみてください♪

洗濯槽クリーナーの代用でワイドハイターやパイプユニッシュは使える?

結論から言うと、洗濯槽クリーナーの代用はワイドハイターやパイプユニッシュでOK!
これらは専用の洗濯槽クリーナーと同じ成分が含まれています。

もっと言えば洗濯槽クリーナーと同じ成分の洗剤なら、ほかの商品でも代用することも可能。

洗濯槽クリーナーには、大きく分けて塩素系酸素系の2種類があります。
この2種類には含まれている成分や特徴が全然違うので、次にそれぞれを解説します。

①塩素系洗剤

主成分次亜塩素酸ナトリウム
特徴殺菌力・除菌力に優れている
汚れの落とし方汚れやカビを溶かして分解する
臭いプールの消毒剤のようなツンとした刺激臭
商品例ブリーチ、キッチンハイター、パイプユニッシュなど

塩素系洗剤は、洗濯槽内の汚れやカビを溶かして分解する力が超強力!
殺菌力や除菌力に優れているので、洗濯槽の掃除に適しています。

ただ、強力すぎるため刺激臭が強く、肌に直接触れると荒れてしまうほど…。
塩素系の洗剤で洗濯槽の掃除をした後は、洗濯槽内に洗剤が残らないようにしっかり洗い流しましょう。

また、酸素系の洗剤と混ぜて使うのは絶対にNG!
有毒なガスが発生してしまう恐れがあるので、注意してください。

②酸素系洗剤

主成分過炭酸ナトリウム
特徴汚れは落ちるが刺激は少な目
汚れの落とし方泡の力で汚れを浮かせて落とす
臭い塩素系のような刺激臭はなし
商品例オキシクリーン、ワイドハイター、ブライトなど

酸素系洗剤の一番の特徴は、強い発泡力!
長時間漬け置きしておくと、泡の力で汚れを浮かしてくれます

塩素系の洗剤のような強力さはないですが、刺激も少ないのがいいところ。
肌や衣類についてもしっかり洗い流せば問題ありません。

酸素系の洗剤には液体と粉末状の2種類があります。
粉末の方が発泡力が強いので、洗濯槽のお掃除には粉末洗剤がおすすめです。

注意点として、酸素系の洗剤は長時間の漬け置きが前提。
そのため、内部に水を溜めておくことができないドラム式洗濯機には使えません

酸素系の洗剤を使う場合は、縦型式洗濯機で使用しましょう。

よつば
よつば
それぞれの洗剤の特徴を知って、上手く使い分けましょう!

洗濯槽クリーナーとして重曹とクエン酸が不向きって本当?

「エコ洗剤」としても有名な重曹とクエン酸。
お掃除の洗剤としては鉄板ですが、実は洗濯槽の掃除には不向きなんです。
その理由を解説します。

重曹

重曹は弱アルカリ性の洗剤で、洗浄力は弱め
そのため、洗濯槽内のおもな汚れである黒カビを落とすのが難しいです。

また、重曹は水に溶けにくいという特徴も持っています。
水に溶けにくいと排水ホース内で詰まってしまう可能性があるので、使用しない方がいいでしょう。

クエン酸

クエン酸は水垢や洗剤の残りカスを落とすには効果抜群!
しかし金属製の洗濯槽を傷めてしまうというデメリットがあります。

また、衣類の漂白に塩素系の漂白剤を使っている人は要注意!
クエン酸も塩素系の洗剤と混ざると有毒なガスが発生してしまい、非常に危険です。

家にある漂白剤がどんな成分でできているか、必ず確認しましょう。

よつば
よつば
重曹もクエン酸も、残念ながら万能な洗剤ではないんですね…

洗濯槽を綺麗に保つ4つのコツ

最後に、洗濯槽を綺麗に保つ4つのコツを紹介します。

  1. 洗濯槽をランドリーボックス代わりに使わない
  2. 洗濯機を使用しないときは、ふたを開けておく
  3. 決められた量の洗剤を使用する
  4. 洗濯が終わったらすぐに洗濯物を取り出す

共通することは、「洗濯槽内をできるだけ乾燥させておくこと」。
ランドリーボックスの代わりにしたり、ずっとふたを閉めっぱなしにしてしまうと湿気がこもり、カビや生乾き臭の原因になります。

また洗剤をたくさん使いすぎると残りカスが溜まり、それも汚れの原因に。
洗剤をたくさん使えば、その分汚れが落ちるわけではありません。
洗濯するときは、決められた洗剤の分量でするようにしましょう。

洗濯槽は汚れが溜まりやすいので、メーカーでは月に1回の掃除を推奨しています。
それが難しい場合でも、2~3ヶ月に1回は掃除するのが理想です。

よつば
よつば
定期的な掃除が、洗濯機を長持ちさせるコツ!

まとめ

洗濯槽クリーナー代用品 まとめ
  • パイプユニッシュ(塩素系洗剤)やワイドハイター(酸素系洗剤)で代用可
  • 塩素系洗剤と酸素系洗剤は、混ぜると有毒ガスが発生
  • 重曹とクエン酸は、洗浄力が弱く洗濯槽の掃除には不向き
  • 洗濯槽内をできるだけ乾燥させることが、キレイを保つコツ
  • 洗濯槽は月に1回、少なくても2~3ヶ月に1回の掃除がベスト

洗濯機を長く大切に使うためには、定期的なお掃除が不可欠。
専用のクリーナーを切らしてしまったときは、ぜひ参考にしてみてください♪