食事・身体作り

大転子を即効で寝ながら引っ込める方法とは?座り方などに原因が!?

筋トレやダイエットをしても、お尻や太ももが痩せていないことありますよね。
それは、大転子が歪んでいるせかもしれません…

でも、安心してください!
大転子を引っ込めると下半身が痩せることがわかりました。

今回はなぜ大転子が引っ込むと痩せるのか見ていきましょう。
また、即効寝ながら引っ込める方法と座り方で大転子が歪む原因について説明していきます。

よつば
よつば
長年の悩みの下半身太りの原因は大転子だったんですね!

大転子を引っ込める方法4選!寝ながらでもできる?

大転子を引っ込める方法を4つ紹介します!

大転子を引っ込める方法4選
  1. 寝ながら引っ込める方法
  2. 座りながら引っ込める方法
  3. 立ちながら引っ込める方法
  4. 大転子を引っ込める正しい歩き方

①寝ながら引っ込める方法

寝ながら大転子を引っ込める方法が2つあります。
その方法は、横向き行う「クラムシェル」と仰向けで行う「ブリッジ」です。

クラムシェル
  1. 床に得よう膝を曲げて横向きで寝る
    ※このとき、頭の位置は高めです。
  2. 膝を曲げたまま、お尻の筋肉で上がる高さまで足を上げる
    ※足の筋肉は極力つかないでください。

お尻の筋肉を正しく使って足を上げてみてください。

この方法は、回数を多く行うよりは1回1回のお尻の筋肉の動きを意識しながら行うのがポイントになります。

ブリッジ
  1. 床に両膝を曲げて、仰向けで寝ます
  2. 肩と膝が一直線になるようにお尻を上げる

お尻を高く上げると、前ももの筋肉が力むので注意!
お尻の高さは、お尻の収縮を感じる高さで十分。

2つとも簡単にできそうですね。
すこし横になったときはこの方法を思い出してやってみてください。

②座りながら引っ込める方法

座りながら大転子を引っ込める方法。
簡単なのでおすすめです。

  1. 軽く腰を反らして骨盤を立てる
  2. 下腹・みぞおちをへこませる
  3. 左右のお尻の重みを均等にする
  4. この姿勢を1分間キープし3セット行います

猫背の方は、股関節が正しい位置に固定ができず、ずれやすくなるので注意してください。この方法は、テレビを見ながらでもできるので楽しくできそうです。

③立ちながら引っ込める方法

普段内股で立っている方におすすめの方法です。

  1. 足の間の拳1つ分の隙間を作る
  2. 軽く外側につま先を向ける
  3. お尻を締めて足全体を外にひねる
  4. この状態を1分間キープで3セット行ってください。

大転子が出っ張りやすい人は、普段から内股で立っている人が多いみたいです。
内股が気になる人は改善になるのでぜひ実践してみてください。

④大転子を引っ込める正しい歩き方

4つのポイントを意識して歩いてみてください。

  1. 前に出した脚のひざ裏を伸ばすようにして、かかとから着地
  2. 着地した脚のかかとからつま先に重心を移動
    ※反対の脚のひざ裏はしっかり伸ばしたままかかとを上げる
  3. つま先の重心が移動したら、親指の付け根と小指の付け根を強く地面を蹴る
  4. 左右交互に繰り返す

かかとから着地してつま先へ重心をスムーズに移動させるのがポイントになります。
つま先から着地するのはNGなので注意してください!

歩くとき歩幅も今までより少し広くして歩くと効果ありです。

ダイエット動画で有名な「竹脇 まりなさん」が大転子を引っ込める簡単なストレッチの動画を投稿しています。

5分であればできるのでぜひ試してみてください♪

個人差はありますが、約1ヶ月ほどで効果が出てきます。
ですが、短期間で行うよりも長期間で大転子を引っ込めることがおすすめです!

よつば
よつば
大転子を引っ込める方法が全部簡単で気軽にできそう!

なぜ大転子を引っ込めると痩せるのか?

下半身太りの原因は大転子の歪みからです。
大転子を矯正し引っ込めるとお尻や太ももの見た目がすっきりになります。

大転子が歪むとどうなるのか?

大転子は、太もも股関節の横あたりに存在している骨ことです。
この骨が、股の付け根から両サイドに骨が出っ張っていたら出ている証拠。

大転子は広がってしまうと、腰の部分も横に広がってしまいます。
腰も広がると同時にお尻と太ももも広がり、下半身太りの見た目に・・・。

さらに大転子が歪むと見た目だけではなく、周りの筋肉がうまく機能しなくなります。

骨盤にも気を付けてほしいです。
大転子は骨盤が広がっていると、横に広がって見える可能性もあります。

ですが大転子を引っ込めることで理想の脚を目指せることができるのです♪

大転子を引っ込めるとどうなるのか

大転子を引っ込めると、セルライトにも有効です。

大転子が矯正されると血行やリンパの流れが良くなります。
セルライトに効いて下半身もスッキリ♪

実際にSNSで大転子を引っ込めて痩せた方もいるみたいです。

ツイートしてる方は「すっきりした」「痩せた」と言われているので効果あるようです。

よつば
よつば
大転子を引っ込めることで下半身痩せが期待できそう♪

大転子が歪む2つの原因について解説!

なぜ大転子が歪むのでしょうか?

主な原因は普段の姿勢に原因があるみたいです。

  1. 座り方
  2. 反り腰

①座り方

座りっているときの姿勢で大転子が歪んでしまうみたいです。

大転子の出っ張りの原因は、内股で座っていることです。

内股で座ると、太腿の骨が内側にねじれた状態になります。
太腿の骨が内側にねじれると、大転子が出っ張ってしまうのです。

座るだけではなく、内股で立っていても同じ状態になるので注意してください!

②反り腰

反り腰をすると、骨盤が前傾します。
骨盤が前傾すると、体の構成上、股関節は内側に歪みます。

反り腰をすると前傾姿勢になるので、前ももの筋肉で体を保持してしまいます。
前ももに筋肉が付くことで、固く痩せづらい原因にも・・・。

また、お尻に筋肉が付かなくなるので、筋機能が低下して内股になり悪循環してしまいます。

お尻の筋肉は股関節を外側に引っ張る力があります。
内股と反り腰をやらないように意識するのがポイントになりますね♪

正しい姿勢を意識して大転子を矯正していきましょう!

よつば
よつば
原因は普段の姿勢にもよるみたいですね。
気を付けていきたいです・・・

まとめ

長年の悩みの下半身太りの原因がわかりましたね。

普段から正しい姿勢の意識や大転子を引っ込めるストレッチを行うことで理想の美脚を目指していきましょう!