食事・身体作り PR

ビエネッタはまずい?味が変わった・苦いと言われる理由を徹底調査!

ケーキのような見た目のアイスクリーム「ビエネッタ」が話題を集めています。
40~50代の方にとっては、子供の頃の思い出のアイスではないでしょうか。

ところが最近、まずい変わったと感じる人が多いようです。
SNSでは、苦いという口コミも…

一体なぜなのでしょうか。
この記事では、ビエネッタがまずいと言われる理由を徹底調査しています!

よつば
よつば
ビエネッタに良くない評価があるなんて…
その理由はなんなのかしら?

ビエネッタがまずいと言われる理由4つ

まずは、まずいと言われる理由を調べました。

ビエネッタがまずいと感じる理由
  1. 期待値が高い
  2. 生クリームが多い
  3. 濃厚さが足りない
  4. カップタイプがまずい

どうやら味だけではなく、「価格の割にまずい」といった意見もあるようです…
口コミと合わせてそれぞれ詳しくご説明しますね!

よつば
よつば
ちゃんとした理由があるのね。
詳しく知りたいわ~!

①期待値が高い

どうやら期待値の高さが、「まずい」というより「普通」「特別美味しいわけではない」と思わせてしまうようです。

ビエネッタの価格は発売当時500円(税別)。
2024年現在でも550円で販売されています。

アイスとしてはかなり高いですよね。
発売当初も、その他のアイスはほとんどが100円程度だったのに比べるとかなり高く、ビエネッタはたまにしか食べられないアイスでした。

こんな強気な価格のアイスなので、「美味しいに決まっている」という先入観を持ってしまう人も少なくないようです。

価格の割に、他の手ごろなアイスと変わらないと感じる人も。

子供のころに「高いから」と買ってもらえなかったという人はとても多いです。
そして大人になって買って食べてみたら「普通だった」と感じるパターンも多数派でした。

「特別美味しいわけではない」「高いだけ」との手厳しい意見もありました。

やはり見た目と価格で期待値があがってしまうようですね。

②生クリームが多い

ビエネッタは、国産生クリームを使用した濃厚なバイラアイスが特徴。
この生クリームが多いことで「まずい」と感じる人もいるようです。

確かに、濃厚さが美味しいと感じる人もいれば、生クリームが苦手な人もいますよね。
濃厚すぎるがために「食べづらい」と思っても仕方がないかもしれません…

肝心のバニラアイスがまずい、となると致命的…

こちらも、チョコは美味しいけれどバニラがまずいとの意見。

バニラアイスにたっぷり使われている生クリームの濃厚さが、くどくなってしまうようですね。

③濃厚さが足りない

先ほどは「生クリームの濃厚さがまずい」という意見がありましたが、逆に濃厚さが足りないという口コミも。

ハーゲンダッツやその他のアイスが有名になった今、その味に慣れた人にとっては「濃厚さが足りない」と感じる人が多いようです。

昔は濃厚だったのに今はあっさりしている、との口コミも。

どうやら、味の好みで意見が分かれているようですね。

④カップタイプがまずい

箱タイプはケーキのように包丁で切り分けて食べます。
発売された当時は、ここに高級感や特別感がありました。

時代が変わり、1人で食べる方向けにカップタイプが発売されてこの特別感がなくなりつつあります。
これも「まずい」と言われる原因でもあるようですね…

単純にカップがまずいという人が多数いました。

カップは高級感や特別感がないとの口コミ。
やはり箱に入ったビエネッタを「切り分けて食べる」というところに特別感を持っていた人は多いようでした。

よつば
よつば
あの大きな塊のアイスはインパクトが強いですよね!
それと比べるとカップタイプは少し寂しい気がしてしまうかも…

ビエネッタの味が変わったと感じる理由3つ

続いて味が変わったと感じる理由をご紹介します。

ビエネッタの味が変わったと感じる理由
  1. リニューアル
  2. ブランドの変更
  3. 味覚の変化

実は何度かリニューアルがされているとのことで、「味が変わった」と感じるのは間違いではないようです!

詳しくご紹介しますね。

よつば
よつば
これも興味深そうですね!

①リニューアル

時代によって好まれる味も変わるため、ビエネッタはその時代にあった味わいに変化させているそうです。

濃厚なアイスとカカオ感のあるチョコレートのこだわりは変わらずに、今も守られているとのこと。

森永乳業の公式ページでは、2021年に「バニラ」「ティラミス」ともに味をリニューアルしたとありました!

バニラは、濃厚なバニラアイスのクリーム感がさらにアップ
ティラミスも、コーヒー感アップでチョコとのバランスをさらに追及しているそうです。

さらに、内容量も500mlから530mlに増えており、リニューアルしたのは味だけではないようですね!

「子供のころに食べた味と変わっている」と感じるのは、間違いではないみたいですよ。
ただ、思い出の味をもう一度食べたかったのにその味が変わっていたとなると…
少し残念な気持ちになるのもわかりますよね。

40年愛されてきたビエネッタだからこそ、本来は良い結果を生むであろうリニューアルが思いもよらぬ評価となってしまったようです。

②ブランドの変更

現在は森永乳業が販売を行っているビエネッタ。
発売当初は、エスキモーというアイスクリームブランドが販売していました。

しかし、2010年からこのエスキモーブランドは廃止となり、森永乳業が販売を行うことになったそうです。

販売するブランドが変わったのですから、アイスの味にもいくらかの変化があったのかもしれません…

味が変わったと感じて、製造元を確認したという方も。
味に敏感な人にはわかってしまうのでしょうね…!

③味覚の変化

自分自身の味覚の変化も、味が変わったと感じる大きな要因ではないでしょうか。

実際に時代に合わせてリニューアルされていることもありますが、子供のころ食べた人たちにとって「特別で簡単には手の届かないアイス」が、大人になった今は「簡単に手にできる」。

そのため、久しぶりに食べてみたら「こんなものだったのか」と感じてしまうのでしょう…

また、人の舌には食べ物の味を感じる器官があり、大人になるにつれてその感覚が減少していくそうです。

ビエネッタに限らず、「子供のころによく食べていたものが大人になって食べたら味が違う気がする」という現象はよく起きます。

子供と大人とでは味覚の違いがあって当然ですし、好みの味も成長するにつれて変わっていきますよね。

こうしたよくある味覚の変化が、「ビエネッタの味が変わった」と思わせているのではないでしょうか?

「思い出の味」は強く記憶に残っているものですよね。

 

思い出を壊したくないからあえて食べない、という人も。
子供のころの思い出を大切にされている方が多いなと感じました!

よつば
よつば
「美味しくない」「まずい」と感じるのは悲しいけれど、思い出を大事にしている人がとても多いことがわかりました♪

ビエネッタは苦い?ティラミス味は大人向け

ビエネッタのティラミス味は、程よい苦みがあるコーヒーアイスが使われています。
そのため、小さいお子様やコーヒーが苦手な人には「苦い」と感じるかもしれません。

大人にとってはこのコーヒーのほろ苦さが、チーズアイスとのバランスを保って非常に豊かな味わいに感じられます♪

甘さと苦さのマッチが楽しめる一品との口コミも♪

よつば
よつば
かなり本格的にこだわっているので、苦いと感じてしまう人もいるかもしれませんね!

ビエネッタはどんなアイス?詳細4つ

そもそもビエネッタはどんなアイスなのか。
詳細や以外な事実をまとめました!

ビエネッタについて
  1. 発売はいつ?
  2. 味は2種類
  3. どこで買える?
  4. 実は認知度が低い

①発売はいつ?

1983年に発売。
「ビエネッタ」はウィーンをイメージした造語だそうです。
日本だけでなく、すでに世界各国で発売されていました。

当時は高級なアイスクリームとして、子供たちにとって憧れの存在だったビエネッタ。
ケーキ風の高級アイスクリームはとても物珍しく、子供心にわくわくしたのを覚えている方も多いでしょう♪

チョコレートが何層にも重なり、濃厚なバニラアイスとパリパリ食感のチョコレートがなんとも贅沢な味わいを生み出しています。
当時ではかなり高い価格のアイスでしたが、そのプレミア感で人気を博したのです!

②味は2種類

ビエネッタの味は、

  • ビエネッタ・バニラ
  • ビエネッタ・ティラミス

の2種類があります。

定番のバニラは、濃厚なバニラアイスとパリパリのチョコの食感が人気の秘密。

クリーミーなバニラアイスが美味しく、チョコとの相性もぴったり♪

 

ティラミス味は2012年から発売されているようですよ。

コーヒーアイスは、深煎りのコロンビア産アラビカ種コーヒー豆から抽出した豊かな香りと味わいのバランスが良いコーヒーエキスと、
数種類のアラビカ種ブレンドコーヒー豆から抽出した苦味が特徴のコーヒーエキスを使用し、芳醇な香りと程よい苦味を引き立たせました。
チーズアイスは、北海道産のクリームチーズとマスカルポーネを使用し、コーヒーアイスに負けない、チーズの風味が堪能できる設計にしております。

引用:『森永乳業公式』

ティラミス味に欠かせないコーヒーには、かなりのこだわりを持っているようです!
本格的な味わいが期待できそうですよね♪

エスプレッソの香りがしっかりと感じられるとのこと!
これは食べてみたいですね♪

さらに、発売当初は箱入りのケーキタイプのみでしたが、現在ではカップ入りも販売されています。

ケーキタイプだと1人で食べるには多すぎますが、カップなら量も価格も丁度良いですね♪

③どこで買える?

ビエネッタが買えるお店は、

  • スーパー
    (イオンや西友など)
  • 大手コンビニ各社
    (セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)
  • 業務スーパー
  • 成城石井
  • ドン・キホーテ

これらのお店で買えるようです。
コストコやカルディでは売っていないようなのでご注意ください!

そして、品切れで買えない!というリスクがないのはオンラインショップ。

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

これらの大手オンラインショップにはしっかり取り扱いがありますよ!
送料無料になったり、まとめ買いができたりと便利なのでおすすめです♪

④実は認知度が低い

発売当初は、高級感や特別感で人気を博したビエネッタ。
ところが2024年現在、Z世代の認知度はたったの4%なのだとか…

時代は変わり、人々の味の好みも変わっていくとのことでしたが、今の若い世代には受け入れにくいのでしょうか。

当時、一度だけビエネッタを買ってもらったことがあり、家族みんなで「これは美味しい!」「高級な味がする!」と食べたのがとても懐かしいです♪
友達の家でおやつに出してもらったこともありました。

頻繁に食べられないからこその美味しさがあったのだと思います。
あとは、家族や友達とわいわい話しながら食べる時間も特別でした♪

こうした時間が持てない家庭も、時代の流れの中で増えています。
そんな現代には、ビエネッタというアイスのスタイル自体が合わないのかもしれませんね…

とはいえ、ファンも多いのがビエネッタです。
時代の流れに合わせて今後もリニューアルがされていくかもしれません!
そうして若い世代への認知も増えていくと良いですよね♪

よつば
よつば
やっぱりビエネッタってとても魅力的なアイスよね!

ビエネッタは美味しい!良い口コミ3つ

「まずい」「味が変わった」「苦い」といったマイナスな口コミが多い中、良い口コミもたくさんありました!

良い口コミ3つ
  1. 美味しい
  2. チョコのパリパリが最高
  3. 高級感と濃厚な味わい

ビエネッタファンの高評価な口コミをご紹介します♪

よつば
よつば
やっぱり美味しいビエネッタ!見た目も味も高級感がありますよね♪

①美味しい

初めて食べたビエネッタの美味しさに感動する人がたくさんいました!
やっと買えたという言葉から、憧れの存在という雰囲気が出ていますね♪

ティラミス味も、バニラより美味しいとなかなかの人気っぷりを見せています♪
ぎっしりと詰まった中身も魅力的です。

②チョコのパリパリが最高

チョコのパリパリ食感を食べ終わるまでずっと味わえるのは嬉しいですよね♪

濃厚アイスとパリパリのチョコの食感のバランスが良い、という意見もたくさんありました♪

濃厚なアイスとチョコのパリパリ食感の組み合わせは最強なようです!
これぞビエネッタですよね♪

③高級感と濃厚な味わい

アイスクリームの濃厚さに高級感が溢れていますよね♪

アイスもチョコもたっぷりふんだんに入っていて、贅沢感満載です!
そしてなんといっても、やはりこの大きさとスタイル
カップに入ったアイスが主流な中で、インパクト大ですよね♪

ハーゲンダッツよりも高級感があると感じる人も…!

よつば
よつば
初めて食べた人の感動の声が印象的♪
ビエネッタの魅力は止まらないですね!

まとめ

いかがでしたか?
調べていて、ビエネッタは「子どもの頃の思い出」を大切にしている人がとても多いと感じました!

愛されてきたが故の「まずい」「味が変わった」と残念に思う声の数々。
でも、こうしたことも含めて魅力的な商品だと再確認しました♪

まだビエネッタを食べたことがない人は、ぜひ家族や友達とこの特別感をシェアしてみてくださいね!

よつば
よつば
私も久しぶりに食べたくなっちゃった♪
箱買いしちゃおうかしら!