旅行・観光

鹿苑寺と金閣寺には違いは何?建てた人や建てた理由は?拝観料まで徹底調査

2022年夏、京都の祇園祭。
山鉾(やまほこ)巡行が3年ぶりに実施されることとなり、話題になっています。

その京都で有名な金閣寺について、みなさんご存じですよね。
でも鹿苑寺という名称も時々聞くと思いますが、金閣寺との違いは何でしょうか。

また、金閣寺を建てた人や建てた理由についても調査してみましたよ。

さらに、金閣寺の拝観料はお札を購入すると払ったことになると噂を聞き、調べてみました!

鹿苑寺と金閣寺の違い

金色に輝く京都のお寺と言えば「金閣寺」が有名ですよね。
では「鹿苑寺」との違いは何でしょうか。

実は「金閣寺」は通称で、正式名称が「鹿苑寺」なんです。

鹿苑寺と金閣寺は同じお寺を指しています。

この金色の建物、金閣寺はもともとの名前は「金閣舎利殿」。

金閣舎利殿から後に鹿苑寺と名前が変わりました。
しかしあまりにも金閣が有名なため、金閣寺と呼ばれるようになったそうですよ。

金閣寺は金色に輝いていて本当に綺麗!
初めて見たときは晴天だったので、眩しいくらい輝いていたのを覚えています。

ちなみに金閣寺は3階層。
2階層、3階層部分が金色で、内も外も金箔が前面に貼られています。
でも1階層は金箔ではなく漆塗りになっているんですよ。

そして金閣寺は意外なことに、国宝だと思っていたのですが違ったんです!

以前は国宝だったのですが、1950年に放火により全焼。
国宝からは外れてしまったそう。

現在の金閣寺は1955年に再建されたものなのです。

なんだか残念なお話ですよね。

でも1994年には古都京都の文化財を構成する建築物としてユネスコの世界文化遺産に登録されています。

再建とはいえ、金閣寺は日本が誇る建物の一つ。
後世に残していってもらいたい歴的建造物ですよね。

海外の方にもぜひ見てもらいたいです。

よつば
よつば
金閣寺にインスタがあって、びっくり!歴史と現代の融合が感じられました

金閣寺を建てた人について

金閣寺は、室町幕府第3代将軍の足利義満が建てています。
しかしながら複雑な歴史がありました。

金閣寺は、もともと西園寺と北山山荘と呼ばれている場所にありました。

早くに出家した義満が西園寺を譲り受けて改築、増築しています。
もちろん舎利殿金閣も建てていました。

北山殿と呼ばれるほど大きな別荘にし、政治的中心として成り立たせたとのこと。

出家はしていた義満ですが、将軍の実権は握ったままだったそうです。
昔はお坊さんも政治に関わっていたといいますが、本当にそうだったようですね。

しかも義満は当時の南北朝の争いを終わらせて、日本を平和にしたそう。
また貿易面でも国交を確立し、義満は権力的にも政治的にも成功を収めていました。

そして義満は51歳で亡くなります。
義満の遺言で舎利殿金閣をお寺にして、義満の法号である鹿苑院殿からとって鹿苑寺となったそうです。

建てた人が亡くなった後に現在の正式名称となっているなんて何だか不思議。

金閣寺の見た目からも、権力のある人が建てたんだろうとは思っていましたが、また調べてみると面白いですね。
金閣寺を次に訪れた時、また違う視点で見ることができそう。

よつば
よつば
歴史って難しいけど、調べてみると感慨深くなります。

金閣寺を建てた理由

足利義満は金閣寺の建築や庭園にはこだわりを持って建てていました。

そして、建てた理由を一言でいえば「権力の誇示」です。

庭園も「池泉廻游式庭園」と呼ばれる様式で日本列島を表しているそうです。
だから「一番上にいる自分は日本を治める存在だ」と。

自分が一番アピールがすごいですが、あながち嘘でもなさそうです。

というのも金閣寺を迎賓館として使用していて、当時の天皇や中国の貿易使者をこの場所に迎えていたから。

金閣は美しく、庭園も邸も豪華な場所。
中国の使者からの評価は高かったようで、貿易も有利にできたそうですよ。

また、実は天皇家を乗っ取ろうとしていたとも言われているそうで、金閣寺を御所にしたかったのかもしれませんね。

よつば
よつば
早くに出家した義満は極楽浄土も目指していたとか

金閣寺の拝観料について

金閣寺の拝観料は大人400円(高校生以上)、小人300円(小中学生)です。

そして、拝観料を払うと拝観券代わりにお札が頂けます。
なんか嬉しいですよね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

hanamizuki(@majyo_oy)がシェアした投稿

拝観時間は9:00〜17:00です。
駐車場利用時間は8:40~17:10となっています。

拝観の所要時間はコース通りに回って、1時間弱ほどくらい。

じっくり見て回って、お抹茶やおみくじなどしようかな、ってことなら1時間半ほどは見ておいた方が良さそうです。

金閣寺のインスタを見てみると、思っている以上に綺麗で見どころがたくさんあります。
ぜひゆっくり見て回ってほしいです。

金閣寺は17時ちょうどにゲートを閉めてしまいます。
閉門時間には気を付けてくださいね。

金閣寺のホームページではバーチャルツアーでの境内の紹介もありました。

金閣寺公式HPバーチャルツアー

バーチャルツアーもよくできています。
人が全く映らないので、見やすいです。

よつば
よつば
大人と小人でお札の種類が違うそうですよ。
今度は子供も連れて行こう♪

まとめ

金閣寺について調べたことをまとめました。

まとめ
  • 金閣寺は通称で鹿苑寺とは同じお寺のこと
  • 国宝から外れている
  • 1994年に世界文化遺産に登録
  • 室町幕府第3代将軍の足利義満が建てた
  • 建てた理由は権力の誇示
  • 拝観券の代わりにお札がもらえる
  • 17時きっかりに閉門してしまう

金閣寺は過去の栄華の象徴の一つでした。
でもこれだけこだわった建物はやはり惹かれるものがあります。

輝く金閣寺も素晴らしいですが、庭園や境内も調べると歴史的にも面白いものがたくさん。
少し歴史を勉強してから見に行くとさらに感慨深いものになりそう。

また拝観券代わりのお札も特別感があって嬉しいですよね。

これから暑い夏ですが、ことさら輝く金色が見れますよ。