生活全般

池田泉州銀行はやばい?潰れる?危ない経営状態や合併理由を徹底調査

2010年に池田銀行と泉州銀行が合併し、大阪府に本店を構える池田泉州銀行
関西ナンバーワン銀行を目指し、139店舗を展開しています。
そんな池田泉州銀行に、「やばい」との噂が…。

噂と聞くと「潰れる可能性は?」「経営状態危ないの?」と不安になりますよね。
今回はそんな疑問や、池田泉州銀行が合併した理由について徹底的に調査します。

よつば
よつば
 不安に感じている人は、参考にしてね。

池田泉州銀行がやばいと言われる2つの理由

引用元:池田泉州銀行

池田泉州銀行が、やばいと思われてしまったことには2つの理由があります。

①相次ぐ不祥事

池田泉州銀行の銀行員が顧客から預金を着服した不祥事が、多数発覚しました。

  • 2019年、男性行員(38)が顧客10人から12年間で2億2600万円着服
  • 2019年、男性派遣社員(60)が取引先3社から695万円着服
  • 2021年、20代男性行員が顧客6人から4年間で4251万円着服

総額3億円ともなるこの不祥事はニュースでも取り上げられ、関西ではたくさんの人が知ることとなりました。

一度だけでなく、何度も着服の不祥事が発覚したことで、池田泉州銀行に対する信頼を失いますよね。

信じて預けた大切なお金を、私的に流用するなんて、被害に遭われた方はとてもショックでしょう…。
預ける側が「本当に大丈夫?」と疑ってしまうのも当然です。

②ブラック企業

池田泉州銀行は、ブラック企業だと言われています。
しかし、これは金融業界にはあるあるな話…。

噂されている池田泉州銀行のブラックな部分はこちら。

  • パワハラ
  • ボーナスカット
  • ノルマ
  • サービス残業
  • 顔採用
    など

どこの会社でも、パワハラは問題になりますね。
銀行は給料がよく安定しているというイメージですが、その分ノルマや残業も多く激務。

そのブラックさは、池田泉州銀行で働いた人の退職理由にも表れています。

退職理由
  • 銀行の中でも給与や賞与が低い
  • 退職金が前払い
  • 住宅補助がない
  • ノルマが多い
  • 上司によってルールが変わる
  • 古い体制も多く、年功序列の雰囲気がある
  • 正社員もパートも同程度の仕事量
    など

ノルマや仕事が多いのに給料が少ないと、モチベーションが下がりますよね…。
年功序列で上司の言うことを聞かないといけないというストレスも、ブラックだと言われる原因です。

不祥事はいつまでも悪いイメージとして残ってしまいます。
これらが、「池田泉州銀行はやばい」と思われてしまった原因なのですね。

よつば
よつば
 二度と同じ不祥事を起こさないよう努力してるみたい!

池田泉州銀行は潰れる?危ない経営状態とは?

池田泉州銀行の本業利益は黒字であり右肩上がりに成長している為、数年内に潰れる可能性はないと思われます。
また、不祥事が出ても、業績にほとんど影響はなかったようです。

こちらは、業績に関する池田泉州銀行CEOの挨拶文。

池田泉州ホールディングスグループは、2018年度~2020年度までの3ヵ年を「体質強化期間」と位置づけ、有価証券運用を大きく抑制した中で、銀行の本業で安定した利益を出せるよう、店舗体制の見直しを含めた収益構造の改革を推し進めてまいりました。この結果、2020年度はコロナの影響を大きく受けたものの、当期純利益51億円を計上、本業利益は黒字転換後も増加を続けており、第4次中期経営計画の目標である体質強化は達成できたものと考えております。
引用元:池田泉州銀行

コロナ禍で金融業界も大きなダメージを受けましたが、その中で黒字を維持出来るのはすごいことです。
なので、余程大きなトラブルでもない限り数年以内に倒産する確率は低いでしょう。

引用元:日経経済新聞

こちらは、当期利益のグラフですが2021年度から増加していることが分かります。

経営状態も右肩上がりになっているので、現段階では「危ない」状態ではありません。
今後は、大阪・関西万博の飛躍に合わせ、本業利益70億円が目先の目標。

ブラックな噂も吹き飛ばすくらい、さらに成長していくと思いますよ!

よつば
よつば
 これからの池田泉州銀行に期待したいわ。 

池田泉州銀行が合併した理由

黒字に落ち着いている池田泉州銀行ですが、そもそもなぜ合併することになったのでしょうか。
それは、池田銀行と泉州銀行が三菱東京UFJ銀行から独立したかったからなんです。

池田泉州銀行は、2010年に「池田銀行」と「泉州銀行」が統合してできました。

引用元:Wikipedia

引用元:Wikipedia

きっかけは、池田銀行の先行きが悪化したこと。
そこに同じく傘下だった泉州銀行が、三菱東京UFJ銀行からの独立を目指し、統合の話を持ちかけ実現しました。

池田銀行や泉州銀行だけでなく、地方銀行間では三菱東京UFJ銀行に対する評判はよくないそう。

地銀関係者によれば、旧東京三菱銀行と旧UFJ銀行が統合した2005年頃から、地銀界では三菱東京UFJに対する反発が強まっているという。
引用元:週刊ダイヤモンド

三菱東京UFJ銀行のやり方には圧があり、プライドの高い地方銀行はそういった方法を嫌うんだとか。

こうした背景から、現在の「池田泉州ホールディングスグループ」が設立されました。
現在は、関西で京都銀行に次ぐ大きさの地方銀行となっていますよ♪

よつば
よつば
 人も会社も、一歩踏み出すことが大切なのね。 

まとめ

まとめ
  • 相次ぐ不祥事やブラック企業の噂がやばいと言われる原因
  • 黒字で右肩上がりに成長しているので、数年内に潰れる可能性はない
  • 合併した理由は、池田銀行と泉州銀行が三菱東京UFJ銀行から独立したかったから

池田泉州銀行では、不祥事も多くあり、ブラック企業であることから、「やばい」というイメージがついてしまいました。

しかし、黒字を維持していることや業績は右肩上がり。
なので、数年内に潰れるような危ない経営状態ではないことがわかりましたね。

業績悪化をきっかけとして、独立を成功させた池田泉州銀行。
今後の飛躍に期待したいです。

よつば
よつば
 いい意味での「やばい」が定着するといいわね。